目醒め・統合ワーク

並木良和さんが言われる100の位置に立ちたいのは誰か?

並木良和さんの『新生地球元年の冬至』に向けて今だからやっておきたいAtoZセミナーでは「100の位置」の大切さを改めて感じました…

が、それ望むのは誰なのでしょう?

誰が100の位置に立ちたいのか?

これは、結構強力な質問です。

(動画解説はこちら)

 

並木良和さんが言われる100の位置に立ちたいのは誰だろう?

これを図で見ていくと
この一番外の円は、360度3Dバーチャルリアリティのスクリーンで球体です。

100の位置に立ちたいのは思うのは誰なんだろう?
と質問すると

それはまさにスクリーンに一番自我(中でも特に小我、一番外側のピンク丸印)だったと気づいて
自我が一生懸命立とうとしてたなとわかるかもしれません、

それはそれでまったくOKです。
自我に体験させるも良い学びになりますよね?

ただ、自我にとっては本当に100は難しいのかもしれませんし、一時的に立ててもすぐにずれるように思うかもしれません。

でもその質問をしているのは誰なのか?と質問すると、
その自我を捉えているやや大きな自分に気付けて、ここから100の位置に立とうとすると、その方が早いなと気づくこともあるでしょう。

→ミドルセルフ1(一つ内側の紫の丸印)

さらに「あれ?100の位置に立っているor近い意識が微かにないだろうか?」
と気づいていけます。
→ミドルミドル2〜100の位置

それと自己同一化、融合していけばいいと気付いたりします。
その手段として、講座の皆さんにとっては正反統合ワークだったりワンネス体感ワークだったりします。

シンプルには質問の本質をフルに生かして
質問するたびに内側へ100の位置へ向かえます。

僕が今3講座運営していますが、皆さんもこうした「普通しない質問」をする事で、時には混乱も経験されながら、本当いい気づきをされています!
(例:今まで長年パートナーに嫌悪してきた私は何だったの??)

これからどのみち、従来の自分を脱皮するような変化をしていくので、混乱くらいはちょうどいいです。

自分の想定を超えるくらいじゃないと、顕在意識のまま生きていることのになるので、物足りないしそれでは過去に縛られた、過去の延長線上の未来かも。

いわゆる闇にコントロールされたままで居てしまうことにもなりそうと思います。
(それも含めて現象界のゲームとはいえ・・)

個人的にはずっとコントロールされてきたとしたら、もう脱したいなと思います。

100の位置を、統合を、ワンネスを求めているのは誰なのでしょうか?

質問の仕方如何で、探求の廻り道を回避できる可能性は結構あるかと思います。

100の位置と純粋観照意識とかワンネスの関係を聞かれますので、僕の講座との関連を次回説明します。

並木良和さんが言われる「清濁併せ呑む」「100の位置」と純粋観照者・ワンネスの関係性について並木良和さんが言われる 「100の位置」と純粋観照意識は同じですか? または ワンネスと同じですか? といったご質問いただきます...
各講座について

心理学・量子力学・スピリチュアルを統合した3講座を運営しています。

(1)まずは自分軸を取り戻す(眠りを卒業する)
★「質問の本質の授業」オンライン講座

本質・ワンネスを思い出すベースとなる講座です。

5次元意識・時間の使い方、現実創造もカバーしています。
質問を通じて多次元意識も思い出します。
まずはここから。眠りを抜けないと始まりませんよね。

(2)ポジティブ・ネガティブ、光・闇…二元性を超えた「純粋観照者」を体験する
★正反統合ワークオンライン講座

ワンネスに還る前に通常通るのが「純粋観照者」です。
人間意識とはまったく違うクリアな意識を思い出します。
「これまで自分がいかに小さかったか!」ワーク後に驚かれるでしょう。

(3)そしてワンネスを思い出す、ワンネスへ浸る
★ワンネス体感ワークオンライン講座

そしてついにワンネスへ…「純粋観照者」さえも包含する根源の意識を体感します。
一度味わったスウィーツの味は、肉体次元でもいつでも味わえるようになります。

「ワンネスに還ったらワンネスそのものじゃないですか?」
その通りです。ただ、ワンネスに浸ったままだと歩くことすら危なくて
人間の肉体体験に戻るには、人間意識とワンネスをブレンドするくらいがちょうどいいんです。
しかし現象界の全てが変わることになります☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

ご意見・質問・感想はどんなことでもお気軽に^^(メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。日本語が含まれない文章[英文のみ等] は投稿できません。)