スピリチュアル

上昇気流をどう認知するか?魂・ハイヤーセルフ・本質・五感を超える領域につながる話

今月は、「体調不良を上昇気流に変える」というテーマでシェア会を開催します。

(シェア会関連の情報はこちらこちら

今回は、「上昇気流って何か?」もう少し書いていきます。

五感を超える世界、魂、ハイヤーセルフの領域に繋がる話です。

(音声で聞きたい方はこちらをどうぞ)

 

上昇気流は、どうすればそれと分かる?

以前の記事で上昇気流=現象界の全てという話しをしました。

今回は、上昇気流をどのようにわかるか?と言う話です。

そもそも、
上昇気流は、現象界の全てで常に常に吹き上げていますが…
当然ながら、普通に見えたり感じられたり、その音を聞けるものではありません。
五感を超えた領域にあります。

だから何か体の不調とか痛みを捉えて(それは本当に上昇気流そのものなんです)、五感でストレートに捉えられるわけではありません。
普通には単純に苦痛だと思います。

ですが、上昇気流は五感に影響するので、

意識の使い方次第で、結果として、
「五感というモニターまたはユーザーインターフェースを通して、気づいたり体感すればいいですよね」と言う話です。

上昇気流を五感モニターで捉える

例えば、上昇気流が浮き上がっていると捉えられた時に、

  • 背骨一個一個の間隔が広がって背筋が伸びる
  • 胸が広がって息が深く入る
  • 視界が明るく感じる
  • 心の声とか思考が静かになってクリアになる
  • 体や頭が風が通ったように涼しく感じる
  • 指先がピリピリする…etc

こうした五感に気づいていくと、五感を超えた部分(第六感、直感で受け取る情報・領域)が何となくわかる様になっていきます。

「なんとなく、こういうことかな。こういう感じかな」と思う時がそれです。
なんとなく、わずかに、微かに…などは情報の入口です。なるべく受け取るようにしていきたいですね)

いわゆる本質の声、ハイヤーセルフの声はこの領域です。そうした上の情報を捉える練習にもなります。

インナーチャイルドを扱う様なワーク(例えばワンネス体感ワークでインナーチャイルドをワークのパートナーにする場合も同様です)では、僕は「頭に出てくるものよりも、体に生じる感覚をできれば扱ってください(初心者の人ほど)」と、よく助言します。

頭は表面的な思考(≒他人の思考、声)と混同しやすく、深層の潜在意識の声が聞こえにくいです。さらに実は五感を感じることもやりにくくて、結果、体の声も聞きにくくなりがちです。

五感を通じて、五感を超える世界にアクセスする

五感を通じて、五感を超える世界にアクセスすることは非常にNLP(神経言語プログラミング)的です。
NLPは、五感を超える世界はあるけれど、まずは五感を通じてアクセスすることも解読することもしましょう、とします。

またNLPでは再現性も必須とします。
自分ができることをどのように他の人でも再現することが可能か?考えます。

僕もいろんなワークをしながら、その練習をしてきました。
(僕も心理学ヨチヨチ歩きから始めました。懐かしいです。。)

これをパソコンのソフトウェアとディスプレイの関係に例えてみます。

例えばシテムエンジニアのような専門家でなければ、僕らはソフトの調子が悪いからといって直接そのプログラムをいじろうとはしません。

ディスプレイでソフトウェアで起こっていることを捉えて、タッチパネルとかで操作してソフトウェアをアップデートするなり、再インストールするとかできることをやります。
通常はそれで十分ですよね?

でも僕らは時が来れば、システムエンジニアのようになります(意識の成長、拡大、いわゆる覚醒や意識の反転を迎える)

五感を超えた世界がもっと身近になったり、波動とかエネルギーレベルでの認識とか比重が増していきます。
日本人はその素養が元々高いと思います。
(が、現代日本人はその素養を眠らせる環境にも居やすい、とも言えそうです。1日の中で少しでも、他者・メディア・思考(=他人の声)などから離れて、自分自身とランデブーしたいですよね)

とはいえ、あいかわらず肉体がありますし、意識が急に拡大することも稀でしょう。
(もちろん、あらゆる可能性にオープンでいましょう。)

これから食べる量を減らしたり、不食へ進む人が増えるように、従来の肉体との関わり方とは違ってはきますが、それは徐々に起こっていくでしょうから、
今は使えるディズプレイを、インターフェースを使って、上昇気流とか上の世界を捉えていければと思います。

今度のシェア会では、

  • まずはワークの前に知っておくといいだろうという情報・感覚について説明して、
  • それについて皆さんから質問があればしてもらって、
    (そうするとさらに僕も皆さんに必要なことをお話しできます)
  • 皆さんでワークをして、
  • その体験をまたお互いにシェア

できればと思っています。
こうしたワークは僕が地味〜にひとりでやってきたものです。それを皆さんと共有できたり語り合えるので、僕も非常に楽しみしています。

各講座について

心理学・量子力学・スピリチュアルを統合した3講座を運営しています。
3講座同時受講される方々も増えています。

(1)まずは自分軸を取り戻す(眠りを卒業する)
★「質問の本質の授業」オンライン講座

本質・ワンネスを思い出すベースとなる講座です。

5次元意識・時間の使い方、現実創造もカバーしています。
質問を通じて多次元意識も思い出します。
まずはここから。眠りを抜けないと始まりませんよね。

(2)ポジティブ・ネガティブ、光・闇…二元性を超えた「純粋観照者」を体験する
★正反統合ワークオンライン講座

ワンネスに還る前に通常通るのが「純粋観照者」です。
人間意識とはまったく違うクリアな意識を思い出します。
「これまで自分がいかに小さかったか!」ワーク後に驚かれるでしょう。

(3)そしてワンネスを思い出す、ワンネスへ浸る
★ワンネス体感ワークオンライン講座

そしてついにワンネスへ…「純粋観照者」さえも包含する根源の意識を体感します。
一度味わったスウィーツの味は、肉体次元でもいつでも味わえるようになります。

「ワンネスに還ったらワンネスそのものじゃないですか?」
その通りです。ただ、ワンネスに浸ったままだと歩くことすら危なくて
人間の肉体体験に戻るには、人間意識とワンネスをブレンドするくらいがちょうどいいんです。
しかし現象界の全てが変わることになります☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

ご意見・質問・感想はどんなことでもお気軽に^^(メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。日本語が含まれない文章[英文のみ等] は投稿できません。)