メンタル・心理学

花粉症を克服した具体的な質問は?+自問する上で欠かせない2つの

この時期僕の花粉症の経験談について質問をいただきます。

「自分に質問することで花粉症を克服したなんて凄いですね。
具体的にどんな質問をしたらいいんですか?」

確かに、「どんな質問をしたか?」は、気になることと思います。
でも動画でシェアしている通り、質問そのものはとてもシンプルなものです。

このシンプルな中にも実はすごく大事な理論、テクニックが入っていて、それも僕の質問の講座でお伝えしているんですけれども、

さらに大事なことが少なくとも2つあって

  1. 1つは自分に質問をするとちゃんと答えが返ってくると信頼すること
    (これは自分を信頼することとか自分の人生を信頼すること、自分が出会う人を信頼することにも通ずる、すごく大事なことになります。)
  2. そしてもう一つすごく大事なのが自分に質問したときの答えの受け取り方

です。

(このページ内容は動画でもシェアしています)

現象界からワンネスまで
3つのオンライン講座

1.まずは自分軸(統合のベース)
…質問の本質の授業
2.続いて純粋観照者として立つ
…正反統合ワーク
3.そして、ワンネスを思い出す
…ワンネス体感ワーク

花粉症を克服した具体的な質問は?+自問する上で欠かせない2つ

これらは僕の「質問の本質の授業オンライン講座」で伝えていて、受講生の皆さんが有料で学んでくださっていることですので
ここでYouTubeで全て書くことができないんですが、

簡単には、
質問に対する答えは例えば「これこれこうだよ」って明確に言葉で返ってくるとは限らない、ということがあります。

1)答えは言葉や文章で明確にかえってくると限らない

つまり、

  • 単なるキーワード、言葉一言だったり、
  • 何かのイメージだったり、しかもそれははっきりわからない抽象的なイメージかもしれませんし、
  • キーワードでもなく何かの事かもしれませんし、
  • 体の感覚として返ってくることもある

ということです。

いずれにしても質問した瞬間に答えが返ってくることが多いです。
後はその反応をいかに拾って、読み解いていくか?がポイントになります。

そういう意味では、日常的に内観をして、内的イメージ、内的な音、感覚に完成を開いておくのも良い習慣になります。

反応に気づくこと、そこから深めていくことが、受け取り方のコツになります。

2)答えは必ず返ってくると信頼する

そして1つ目の信頼する事についてです。

「信頼してください」と言うのは簡単ですが、どこまでの深さがあるかが本当大事で、実は僕の質問の本質の授業オンライン講座全てを通してお伝えしたい、体感していただきたいっことになります。

ですので、どうして質問すると答えが返ってくるのか、どれほどそれが信頼できるか理論とワークを通じて皆さんには体感いただいています。

それは僕がどうこう言うよりはブログの受講生の感想ページを参考していただければと思いますが、

  • チャネリングの高めていらっしゃる方、
  • 男性性・女性性の統合を進める、
  • もちろん何よりも本当にやりたいことが見つかりました!

といったお話を伺っています…僕としてもすごく幸せな体験をさせていただいています。

ただごくごく簡単にここでお伝えするならば、1つは自分に質問することをまずは始めていただいて、「やっぱり答えてかえってくるんだ!」って言うことを少でも体感していただく事は良いかなと思います。

例えば

  • 自分の中の一番クリエイティブな自分なら、このきつい状況をどう面白くするだろう?とか
  • 本当の高い次元の意識の私なら、この人をどう捉えるだろう?
  • 私のハイヤーセルフならどう答えるだろう?
    (もしくはハイヤーセルフの本質の私ならどう答えを返すだろう?)

と言う感じで、「どうしてこうなっちゃうの?」「どうして良くならないんだろう?」といった質問を、僕らはついつい無意識に繰り返しがちなのですが、そんな無自覚な質問を続けるよりは、意識の上がり方、変容の仕方が感じられるはずです

(実はこの時期、花粉症を克服したはずの僕も、数日間鼻水や涙が出ることがあります。
それって花粉症なんじゃないですか?って僕自身も一瞬思ったりもします。
これも面白くて、自分に質問をしてみるとこれは花粉症じゃないってことがわかります。
実際僕のこの症状は、例えば午前中とか夜とか一定時間現れても、症状が消えた後は1日中外出して春の気持ちいい空気を花粉いっぱいの空気を吸っていてもなんともありません。
もし花粉症だったら、数時間で症状が終わると言うよりは、外出してる間は少なくとも続くんじゃないかと思いますので。
これはあくまで僕の場合ですか、基本的に夜にご飯を食べますので、夜間から翌日午前中にかけて、体内で消化吸収代謝が起こります、その時に排泄の一環として、僕の場合はこの時期は鼻水が出たり涙が出ると言う現れ方をします。なので朝は僕の場合はコーヒーとか豆乳といった液体を取る程度で、お昼も果物や野菜のような軽いものを食べるのが通常で、消化、体に負荷のかかるものがある程度の時間取らないてでいて、体の中きれいになると排泄の一貫である、花粉症っぽい症状もとまって行きます。
じゃあどういう意味か?というと、(自分の中で受け取る答えとしても、身体に現れる症状としても)この春の時期代謝を上げていこう、冬の間に代謝があまり高くなくて老廃物が溜まっているものを、春に向けて水分をたくさん取るようにして、実際この時期は水分欲しくなります)冬の体から春の体にシフトさせていきましょうと言う体からのタイムリーなメッセージなんです。
ほんとにかつての自分なら、桜の季節になって春を感じたとしても、なんだかそれは行事的な季節の移り変わりと言う感じで、特別水分の取り方を変えたり、食べ物の質を変えたり、季節に応じてカードをシフトするなんて感覚も知識もありませんでしたが、
いろんな情報を見聞きすることに加えて、もう10年以上前になりますが、花粉症について深めてみよう自分に質問してみようと思ったことがきっかけで、しかも自分で車の運転中でしたが、10分もかからないうちに僕にとって花粉症ってこういうことだったのか!と言う少なくとも僕の中では革命的な気づきに至りました。
自分も自然の1部なんだ、地球と共に生きてるんだ、そんな言葉にするとすごく軽いんですが実感として受け取ることができました。)

質問の本質は、本来の自分に戻っていく橋、上とつながる橋

僕はそうした体験もあり、NLP、コーチング、カウンセリング、いろんなことを学ばせていただく中で、
質問すること・質問の本質的なパワーは僕らが自分に戻っていくためにも、上とつながっていくためにも、(平たく言えばこれは自分と向き合うことです)
ほぼ避けて通れない欠かせないものと言うことで、
これも10年位前からに質問の本質についてお伝えすることになりました。

そして今、質問の本質の授業オンライン講座と言うことで、本当にたくさんの方に学んで共感いただけるってのはすごく嬉しいんですが、提供しています。

ほんとに自分に問うと言うことが全てのスタートになります。

  • ちょっとした偏頭痛でもこの偏頭痛ってなんだろう何を伝えたいのかな?
  • この仕事がこのタイミングでこういう局面を迎えるなんて、宇宙は何を私に伝えたいんだろう?どうしてほしいんだろう?

基本的に質問した瞬間に答えは返ってきますが、つい慣れていないとスルーしてしまったり意味が読み取れなかったりします。

でも少なくともアンテナを立てることにはなりますし、
いずれかの段階で答えを受け取れる可能性は格段に高くなります
(少なくとも質問しないと受け取るれる事はないんです)

花粉症のことで僕の動画とか質問に興味を持っていただいた方は、このタイミングで質問と言う情報に触れるように「本来のあなた」が采配してくれているんだと思います。

質問すること自体は本当に今この瞬間からも始められます。参考になるなと思った方はぜひ始めてみてください。

では今回は以上になります。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

心理学・量子力学・スピリチュアルを統合した3講座を運営しています。
3講座同時受講される方々も増えています。

(1)まずは自分軸を取り戻す(眠りを卒業する)
★「質問の本質の授業」オンライン講座

本質・ワンネスを思い出すベースとなる講座です。

5次元意識・時間の使い方、現実創造もカバーしています。
質問を通じて多次元意識も思い出します。

まずはここから!眠りを抜けないと始まらないです!

(2)ポジティブ・ネガティブ、光・闇…二元性を超えた「純粋観照者」を体験する
★正反統合ワークオンライン講座

ワンネスに還る前に通常通るのが「純粋観照者」です。
人間意識とはまったく違うクリアな意識を思い出します。
「これまで自分がいかに小さかったか!」ワーク後に驚かれることになるでしょう!^^

(3)そしてワンネスを思い出す、ワンネスへ浸る
★ワンネス体感ワークオンライン講座

そしてついにワンネスへ…「純粋観照者」さえも包含する根源の意識を体感します。
一度味わったスウィーツの味は、肉体次元でもいつでも味わえるようになります。

「ワンネスに還ったらワンネスそのものじゃないですか?」
その通りです。
ただ、ワンネスに浸ったままだと歩くことすら危ないです。
人間の肉体体験に戻るには、人間意識とワンネスをブレンドするくらいがちょうどいいんです。
しかし現象界の全てが変わることになります☆^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご意見・質問・感想はどんなことでもお気軽に^^(メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。日本語が含まれない文章[英文のみ等] は投稿できません。)