スピリチュアル

並木良和さん統合ワーク|周波数をより良く外す「体験を映すスクリーンの扱い方」

並木良和さんの統合ワークでは、外す周波数を特定するために、スクリーンを体験に映すステップがあります。

その後のステップで、

「手放したいものをスクリーンに映したら、
オクタヒドロンにして手放すときは、そのスクリーンごとオクタヒドロンにすればいいのでしょうか?」

という質問をいただきました。

これは、
並木良和さん統合ワークシェア|周波数をはずす精度を高める「臨場感」の扱い方
https://www.youtube.com/watch?v=1VYEomd74Tw
という動画にいただいた質問なのですが、

この動画では、僕が映像を映したスクリーンをどう扱っているかまでは紹介していなかったので、
あらためて図で説明しながらシェアします。

(本記事は、動画でもシェアしています)

並木良和さん統合ワーク|周波数をより良く外すための「体験を映すスクリーンの扱い方」

ざっくりいうと、

  • 悩み事とかトラブルなどの体験をスクリーンに映して
  • 外したい周波数を捉えて、バイブレーションビルディングしたら(形にしたら)、
    形を体の外に出した後も、その形から体験がスクリーンに映し出されている様子を見る。
  • その映像ごと天の川スパイラルに入れることをやっています。

こんな感じで、映し出しつつスパイラルに入れていきます。

***

ちょっとわかりにくいかもしれないので、上記の動画シェアの方がいいかもですが、

もう少し前のステップから、どうやっているか書いていくと、

  • まず、スクリーンを前方に用意して体験を映し出します。
  • そして、この体験を作り出した周波数を捉えて形にします。
  • その周波数・形がフィルムとなって映像を映し出している様子を見ます。

図では距離が結構近いかもしれませんが、
このとき体験がきついものほど、スクリーンは遠目にして、自分から距離をおくと臨場感を持ちすぎにできるという意味で、良いと思います。

  • 次にバイブレーションビルディングした「形」を体の外に出します。

 

スクリーンで体験を見るのは、
「このワークで外す周波数を捉えるため」ですので、
この段階までくると、ことさらスクリーンを見る必要もなく、「形」を体に出すことだけに集中していければいいと思います。

***

ここからは、あくまで僕の工夫になるんですが、
バイブレーションを外に出した後も、形から体験がスクリーンに映し出されている様子を見るようにしています。

これによって、
「この体験を現象界に作り出したのは、あくまで、今、体の外に出した周波数なんだ」、と脳が認識しやすく、
不要なバイブレーションが残りにくい、すっきりする感じがあります。

自分の体には映像を映し出すものが、もう残っていない、と感じられます。

そのまま、オクタヒドロンに入れて、不要なバイブレーションが、不要になった体験をを映し出しながら、スパイラルを通って、「みなもと」に還る様子を見ます。

この後は、潜在意識の扉を開いて、残りに周波数も手放していくところからは、同じになります。

***

それから、スクリーンに映した映像をどこまではっきりと見るか?なんですが、
初めに、スクリーンに、外したい周波数を映像を映すとき、ここでは、外す周波数を捉える必要がありますので、ある程度は明確に見るといいと思います。

でも、周波数を捉えてしまった後は、ずっと鮮明な映像を見る必要はないと思っています。

スクリーンがあって、映像が写っていることさえ設定しておけば、脳の無意識には伝わります。

ですので、映像はぼんやりしていて、まったく問題ないと思っています。

「鮮明に見えるかどうか」は、僕たちの3次元的な顕在意識で見えるかどうか、という話ですので、
脳の中の無意識に、「綺麗にすっかり手放すんだよ」「この体験を映し出すものは、もう自分には残らないんだよ」と伝われば十分かなと思っています。

ですので、ぼんやりとした映像ごとスパラルに流すようにしています。実際、すっきりします。

***

そして、質問をいただいた
「手放したい体験をスクリーンに映した後、
オクタヒドロンにして手放すとき、そのスクリーンごとオクタヒドロンにする」
についてですが、こんな処理方法があるかなと思います。

体験を映し出す、体験の元となる周波数を体の外に出した後、スクリーンごとオクタヒドロンに入れていきます。

あとは天の川スパイラルを通して、「みなもと」に還します。

このパターンも結構いい感じで手放しできるんじゃないかなと思いました。

どちらがいいか?というと…
並木さんにもし聞いたら、「どっちでもいいんじゃね?」
て言いそうな気がします。

お好みでどちらでも、気分で変えてもいいと思いますし、もちろん他の方法もいいと思います。

僕個人としては、この質問をいただいたいとき、なるほど!って思いました。
勉強させていただいて、ありがたかったです。

以上、あくまで僕の工夫とか、感覚ということでシェアさせていただきました。
少しでも参考になりましたら、幸いです。

では、この後も、毎瞬、古い周波数を手放しをしていきましょう。

 

各講座について

心理学・量子力学・スピリチュアルを統合した3講座を運営しています。
3講座同時受講される方々も増えています。

(1)まずは自分軸を取り戻す(眠りを卒業する)
★「質問の本質の授業」オンライン講座

本質・ワンネスを思い出すベースとなる講座です。

5次元意識・時間の使い方、現実創造もカバーしています。
質問を通じて多次元意識も思い出します。
まずはここから。眠りを抜けないと始まりませんよね。

(2)ポジティブ・ネガティブ、光・闇…二元性を超えた「純粋観照者」を体験する
★正反統合ワークオンライン講座

ワンネスに還る前に通常通るのが「純粋観照者」です。
人間意識とはまったく違うクリアな意識を思い出します。
「これまで自分がいかに小さかったか!」ワーク後に驚かれるでしょう。

(3)そしてワンネスを思い出す、ワンネスへ浸る
★ワンネス体感ワークオンライン講座

そしてついにワンネスへ…「純粋観照者」さえも包含する根源の意識を体感します。
一度味わったスウィーツの味は、肉体次元でもいつでも味わえるようになります。

「ワンネスに還ったらワンネスそのものじゃないですか?」
その通りです。ただ、ワンネスに浸ったままだと歩くことすら危なくて
人間の肉体体験に戻るには、人間意識とワンネスをブレンドするくらいがちょうどいいんです。
しかし現象界の全てが変わることになります☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

ご意見・質問・感想はどんなことでもお気軽に^^(メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。日本語が含まれない文章[英文のみ等] は投稿できません。)