スピリチュアル

藤井風さんYouTubeライブ「僕らは宇宙大学の学生」、そのメッセージその波動に感じたこと、ワンネス・非二元について

今日は
藤井風さんの9月4日日産スタジアムライブで僕が受け取ったメッセージ(宇宙大学の学生だって言う話の意味とか)、
どうして藤井風さんがこんなメッセージや雰囲気を発せられるのか?についてです。

まず、藤井風さんの出している波動は、自分と他者を区別していない感じがします。

だから、僕らからすると藤井風さんは、多くの人の心の支えになってるように捉えられます。
救世主のようにも。僕も、そんな役目をしてくださっているようにしか思えないです。
藤井風さんの音を聞いて、ほっと癒されるような。

でも
藤井風さん自身は、僕らを助けるような、手を差し伸べるべき対象とは捉えてないんじゃないかと思います。
あのメッセージと、あの雰囲気は、藤井風さんと一般の人たちの区別がないからこそ出てくるんじゃないかなと、僕は受け取っています。

例えば、セラピストだけれど、クライアントのことを自分と同じだと思っていたりします。
(セラピストとしては、スピリチュアルナリッシュメント
と言う概念があります。
セラピストはクライアントと接することによって、滋養、癒し、心の栄養と言う意味ですが、逆にもらっていると言うことです。)
僕もその事はいつも感じます。だからセラピストとかコーチって、自分のためになってるところが大きいです。
ヒーラーもそうですよね。

そして藤井風さんは、僕らはみんな宇宙大学の学生だといったことも言ってました。

そんな学生でも、例えば高校で言うと藤井風さんは生徒会長とか、学校の中でもスターのような目立つ存在で、僕らは一般の生徒のように、

「宇宙大学のおなじ学生だ」と聞いても、その生徒とか学生の中でも、藤井風さんはちょっと違う存在にも、ともすれば見てしまいそうです。

ここでもやはり、役割がたまたま違うだけで、学生であることには変わりがない、地球市民であり、宇宙市民であり、ともに、「1つなるものから生じてる同じもの」である、という事は、改めてわかった上で、この見かけ上の藤井風さんとの分離を楽しみたいと思いました。

僕は、あるワークで、ワンネスの体感に浸るたびに、
(これは内側である一定のプロセスで問いかけていくことで誰でも、ワンネスそのものか、少なくともワンネスの波動、次元に近づくことができます=ワンネス体感ワーク)

自分も、他人も、野生動物も植物も、地球も宇宙も、1つなるものから等しく生じた、同じものでしかない、と実感しておきながら、
ある時、「太陽だけは、別物だ」って考えてるぞって気づいた時がありました

これって僕の中で、お天道様とか、太陽が見てるよ、とか、物理的にも僕らはすべて太陽の恵みによって食物をいただいて、元気も、何もかも太陽からいただいてきた歴史が長いので、太陽との分離が根深いんだなって気づいたんです。

でもその直後に僕も太陽の意識の一部のような感じで、太陽系の惑星たちを眺めているビジョンが見えました。

1つの高校、中学校の中で、生徒会の役員とか会長をやることもあれば、一般の生徒として学校生活を送ることもある、
けれど同じ学生で役割が違うだけだってわかった時がありました。

藤井風さんも、僕のこの小さなマインドからすると、太陽のようにも思います。

が、少なくとも僕の感覚では、藤井風さんは自分の曲を聞いてくれる人たちとご自身を分断していないと思います。
じゃないとほんとあんなメッセージ、雰囲気は出せないんじゃないかなと思うんです。

だから僕も改めて分断したくないなと思いました。見かけ上の分断しかなくて、そもそも一つでしかないんです。

それにしても、「この新しい風の時代にふさわしいすぎる旗振り役だなぁ」とか、「太陽みたい」とか、早速分離的に見てしまう意識が、この小さなマインドの中に出てくるんですけれども、
でも「それが見かけだし、それもワンネスの表現の1つだ」とわかって観照をしている分には、安らかに楽しめます。
そもそもこの見かけ上の分離を楽しむために、ここにきています。
そのつもりがなければ初めから肉体に入れなければ良いわけです。
僕も如実にそれがわかった経験がありましたけど。

…と言うことを話してきましたが、
実は僕は藤井風さんの事は、僕のオンライン講座の受講生の方に結構前に教えてもらって、YouTubeをたまに見だしたのか、実は結構まだ最近です。

テレビとかであまり知る機会がなく、
藤井風さんのことをよく知ってる方にとっては今日僕が話した事はコンセンサスなのでしょうか。

つまり僕は藤井風さんのことを分断しているとつい分離してみてしまうところがあるんです。

ファンの皆さんにとっては藤井風さんと自分は何の分離にもない、1つでしかない、と言う感覚かもしれないですね。

少なくとも、他のアーティストさんたちに比べると、そういう認識の、ワンネスを生きてらっしゃる方が多そうです。

ワンネス以外ありえないのが真実ですから、当然と言えば当然なのですが。

藤井風さんの9月4日ライブは、アーカイブ配信があります。まだ聞いてない方はぜひ視聴してください。

『質問の本質』の授業オンライン講座

『質問の本質』の授業オンライン講座(詳細は、『質問の本質』を楽しみながら、体感して、学べる、オンライン講座です。
(この度オンライン講座は「未来の自分とも繋がる”タイムフレーミング”」「目醒めをを追加してアップデートしました!今後は目醒めや悟りをテーマにしたコンテンツも追加していていきます。)

質問はその『本質』として、

・意識を望む方向・場所に置く装置であり、
・脳にとって「逆らえない絶対的な命令」で、
・意識を絶対的に動かすもの

といったこと、理論的に、ワークを通じて体感でき、落とし込みができるうようにプログラムしています。

・意識をおきたい方向・場所から、逆算して「意図的な質問」を作る
方法(質問のレシピ①、これは未来の自分・本質の自分にコネクトする上でも基礎となるものです。)
・「意図的な質問」を作って、定着させるイメージ法
・はまり込んで抜け難い(ネガティヴな)思考・意識から抜け出す「質問」の作り方・使い方(質問のレシピ②、3次元世界・人間意識を抜けるための基礎となります。)

といった理論・実習を通じて学んでいただきます。

受講中は、

・メールサポート(メールで解決しない場合はSkype or ズーム or LINEもOK)

を提供していますので、安心して受講できると思います^^

講座内容
1.質問とは何か?「本質」を体感する
2.質問の本質と、脳の特性
3.「適切な質問」のレシピ~質問の力を、毎日、毎瞬に生かす~
4.質問が人生を変えるメカニズム
5.メール/スカイプ/LINEでの個別サポート
6.Q&A・補講
<追加動画>
・目醒めの意識に立つための質問の使い方
・目醒めを意識しながらも眠ってしまう…日常の眠りの質問に気づく大切さ
<補講>
・デフレーミング(最小の覚醒、意識の反転を起こす質問の技術)
・タイムフレーミング(人間的時間という眠りから抜ける)
・答えの受け取り方・コツ(無意識、深層心理の反応を拾うコツで、感性を養う、セルフリーディングのベース)
・4つの時間感覚(眠り・覚醒中・覚醒後の感覚)
・内から外へ、意識をひっくり返す。癒しや変化の土台
・目醒めを促す、本質へ還る質問

学習の流れ
・購入後に送信されるメールから「専用ウェブサイト」にアクセスして、
・PDFワークブック、動画をウェブ上で視聴しながら学習スタート

そして現在は以下の特典がついてます。
<特典>
・10,000円分個人セッションプレゼント
・通常1ヶ月→3ヶ月間メールサポート(メールで解決しない場合はSkype or ズーム or LINEもOK)

講座申し込みは、
マインドクエストSTORES.jpの紹介ページからできます。
↓↓↓
https://mindquest.stores.jp/items/5d7c28fbe56281295731c5cb

※STROES.jpのシステムを利用したくない方は、「問い合わせフォーム」からの申し込みも可能です。
「お問い合わせフォーム」は、『質問の本質』の授業オンライン講座紹介ページにあります^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご意見・質問・感想はどんなことでもお気軽に^^(メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。日本語が含まれない文章[英文のみ等] は投稿できません。)