シェア会

「3次元ゲーム=ホログラムから脱出する」9月シェア会

今月のシェア会は、
3次元ゲーム(=ホログラムの世界)を脱出しよう!
です。

2時間ほどの時間で、簡単な実験と、ワーク(瞑想)になる見込みです。

その結果として
・より自由に、楽に生きられる
・より受容能力が増す(自他に対して。ということは行動力も増す)
・これまで以上に許容できる、愛でできていると分かる、全てにOKを出しやすくなる
・「すべてが完璧に起きている」と表現される意がわかる
・気・プラーナにより満ちてすぐにお腹いっぱいになる
・体の痛みが何を言っているか分かりやすくなる
・すべては(例えば)光である、愛であると体感する

といったことにつながるかなと思います。

あくまで一つの表現ですが、
「すべては光である」、「すべては愛だ」とわかってしまったら、
僕たちの日常はどうなるんでしょう?

  • 目の前の人に対する認識は?
  • 自分を責めたり、卑下することは?励ましたり、鼓舞することは?
  • 「リラックスしようとする」ことはどうなるのでしょう?
  • 自分の容姿や体の特徴や、症状などは?
  • 罪悪感や無価値感があるとしたら、それらは?

少し実用的に例えば、エイブラハムが説く「許容」することを体現しやすくなり、抵抗・ブロックも外しやすくなると思います。
3次元=ホログラムであり、他の方々も、出来事も、ホログラムですので。
(もちろん今回のシェア会に限らず効果を保証できるものではないのですが)

※動画での説明もしています

三次元ゲーム(=ホログラム)から脱出する①理解②体感→その結果

「3次元ゲーム=ホログラムから脱出する」

3次元ゲーム(=ホログラムの世界)を脱出しよう!」とは大きなテーマなようにも思えます。
そんなことが可能なのでしょうか?

そのためにはまず「3次元=ホログラムと確かめる」ことから、実験できればと思っています。

そこで意識を向けるといいかなというのが、「自分がホログラムだと確かめること」です。

それは①理解し、②体感すること、から構成されます。

自分がホログラムだと…
①理解する
…これは多分、比較的簡単だろうと思います。
②体感する
…これはおそらく、個人差・それぞれのペースがあるでしょう。
(だからこそこの世界にコントラストが出来上がります)

今回のシェア会では②体感するを再現性をなるべく高めるように配慮されます。
シェア会以降も、今回のワーク(瞑想)は実践されるといいと思いますし、僕もしていきます(今しています)。

例えば、過去・未来・記憶はホログラム。では「今」「今ここ」は?

少しここでお話すると
例えば、過去・未来・記憶は、ホログラムだということは分かりやすいと思います。

小学校の教室の記憶であれば、

…教室の光景、机に触れた感覚、教室の匂い、給食の味など。

立体映像に加えて、触覚・嗅覚・味覚というホログラム
で構成されています。

現代の技術ではまだ構築不可能な、いわば次世代のホログラムです。

じゃあ「今」「この瞬間の、この体感」はどうでしょう?
どう考えても「リアル」「現実」ですが、これもホログラムなのでしょうか?

これは少し「練習」をして、ワーク(瞑想)をすれば、「私」という「個人」にもわかったり、体感もできる可能性があります。

その「練習」とは例えば、

  • スマホを見る、爪の先で触れ、コツコツと音を立てる

ことによって、まず、「スマホがホログラムだ」とわかります(わかる人には)…

ただ「これだけ」だと、エゴ・思考または「個人」としては、
「そう認知しているだけで『3次元=ホログラム』とは別の話では?」

と、なる可能性もありそうです。

確かに、理解するヒントになっても、「3次元=ホログラムそのものを示しているわけじゃないのでは?」という指摘も、共感できます。

そこでその「個人」が、
「やっぱり『3次元=ホログラム』だった!」と体感し得るワーク(瞑想)を行います。

ホログラムの世界を「脱しよう」とする試みです。

僕らは五感で全て認知し体験しています。
でも五感はホログラムです。

それを脱するとはどういうことなんでしょう?
どう分かればいいんでしょう?
本当僕も不思議だと思いますが、これを実験できればと思っています。

これは質問の本質の授業オンライン講座3.0の最後のワークの「さらにその先」に進むようなワークです。

ワンネス体感ワークとは別の、もう一つの「二元性を超えるワーク」でもあります。
ただ、ワンネス体感ワークでの体験とは、やはり別のものになります。
(方法・進め方も、ワンネス体感ワークとはまったく別です)

ワンネス体感ワークも不思議な体験ですが、「それ以上に不思議」と感じる方も多いだろうと思います。

(僕はどうか?というと、
ワンネスは若干普通になってきているので、「今回のワーク」の方が、今は、より不思議な感覚でいます。(今まで「あり得ない」と思っていたことなので超不思議です。))

そして今回は、「個人」としてはかなりショッキングな内容にもなる可能性があります。

質問の本質の授業オンライン講座3.0や、これまでのシェア会、ブログ等ではオブラートに包みながらお伝えしてきたのですが…

今回は何にも包まずに話すことにもなるかもしれません。

何も包まずに全てをお話しする…実はこれは僕にとって一つの望みでした。
(今までのシェア会は何方でも参加いただけるものでしたので「無粋になってはいけない」と思い、かなり抑えていました)

できれば全てお話ししたいので、今回は、僕の講座でいうと「質問の本質の授業オンライン講座3.0」を受講して、「さらに先に進んでも全然大丈夫」という方にご参加いただければと思っています。

この機会に「質問の本質の授業オンライン講座3.0」に参加したい方はまずこちらから講座の内容・詳細をご覧ください。

なお、シェア会当日は都合が合わない方で、ご希望の方には「シェア会の音声※」を後日お送りします。
(※参加者の発言などを除いた、説明や誘導部分です)

シェア会までに受講を進めていただきたいので、「オンライン講座3.0」は余裕を持ってご参加ください(9月24日くらいまでに)。

シェア会「3次元ゲーム(=ホログラムの世界)を脱しよう!」
ーーーーー
日 時:9月29日(木)19~21時
会 場:Zoomミーティングルーム
申 込:講座3.0に参加、またはすでに参加中の方に申込URLを配信します
ーーーーー

三次元=ホログラムを脱出してしまったら…

三次元=ホログラムを脱してしまったら…
「多くの人が怠惰になるのでは?または喪失感に浸るのでは?」との思考がよぎりました。

次には、「でも、そうはならない場合がほとんだろう」とも思いました。

たぶん、多くの場合は、今までにないリラックスや安らぎに満たされたり、すべてにOKとなって、そこから家族や周囲の人たちと接して、何かをクリエーションしても行かれると思います。
他には気に満ちて食事量が減ったり。

また、「理想のゴールを目指していたけれど、ずっとゴールにいた」、その意味や実感を受け取ったり、皆さん、ゴールからクリエーションしていかれるのではないでしょうか。

何を聞いても大丈夫、タイミングもちょうど良い、という皆様のご参加をお待ちしています。

それでは引き続き素敵な9月、そして2022年終盤をお過ごしください。

●「質問の本質の授業オンライン講座3.0」の詳細

●シェア会「3次元ゲーム(=ホログラムの世界)を脱しよう!」
日時:9月29日(木)19~21時
会場:Zoomミーティングルーム
申込:講座3.0に参加または参加中の方に申込URLを配信します

各講座について

心理学・量子力学・スピリチュアルを統合した3講座を運営しています。
3講座同時受講される方々も増えています。

(1)まずは自分軸を取り戻す(眠りを卒業する)
★「質問の本質の授業」オンライン講座

本質・ワンネスを思い出すベースとなる講座です。

5次元意識・時間の使い方、現実創造もカバーしています。
質問を通じて多次元意識も思い出します。
まずはここから。眠りを抜けないと始まりませんよね。

(2)ポジティブ・ネガティブ、光・闇…二元性を超えた「純粋観照者」を体験する
★正反統合ワークオンライン講座

ワンネスに還る前に通常通るのが「純粋観照者」です。
人間意識とはまったく違うクリアな意識を思い出します。
「これまで自分がいかに小さかったか!」ワーク後に驚かれるでしょう。

(3)そしてワンネスを思い出す、ワンネスへ浸る
★ワンネス体感ワークオンライン講座

そしてついにワンネスへ…「純粋観照者」さえも包含する根源の意識を体感します。
一度味わったスウィーツの味は、肉体次元でもいつでも味わえるようになります。

「ワンネスに還ったらワンネスそのものじゃないですか?」
その通りです。ただ、ワンネスに浸ったままだと歩くことすら危なくて
人間の肉体体験に戻るには、人間意識とワンネスをブレンドするくらいがちょうどいいんです。
しかし現象界の全てが変わることになります☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

ご意見・質問・感想はどんなことでもお気軽に^^(メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。日本語が含まれない文章[英文のみ等] は投稿できません。)