スピリチュアル

冬至3日前生まれ変わる事象(災難)を読み解く、斎藤 一人さん幸福は不幸の顔して来る、災難の方が本質に還りやすい。あとはどう読み解くか

冬至前に生まれ変わる事象(災難)に遭う

冬至の3日前になりました。

冬至を前にしてもう生まれ変わりましたね!と
誰が聞いてもそう思わずにはいられないような経験をされたと
昨日個人セッションで伺いました。

改めて僕たちは1人宇宙で、独自のタイミングでいいんですよね。

ただ、そのご経験は、人間的な意識で表面的に捉えるとネガティブな災難だとも意味付けしてしまいそうなものです。

その方は質問の本質の授業を受けていらっしゃって
講座の中でお伝えしている質問の一形式を利用されて中心に本質に戻られて、
以前のご自身だったらもうちょっと苦しい状況に陥ってしまったかもしれないといったことをおっしゃっておられました。

普通には嵐のような災難と意味付けされるようなことの中で、ご自身で質問されて、本質の部分に美しく着地された姿を見させていただきました。

幸福は不幸の顔をしてやってくる(斎藤一人さん)

幸福は不幸の顔をしてやってくると言います。僕は斎藤一人さんから習いました。

このときの幸福と不幸は、色即是空の『色』の中の幸不幸とも捉えそうです。

確かに二元性の中でネガティブな色じゃなくてポジティブな色を得ようとしたり塗ろうとすることもこの人間性の世界で素晴らしい体験です。

全ては本当に『空』でしかないんだなと悟ることは、また一段も二段も違う幸福になると、僕も経験してきました。

本当にすべては空です。
でも僕たちはまだ肉体があるとしか思えず(これもデータですが)、
真冬にTシャツ1枚と言う人もいますが、僕もまだそこまではできません。
どうしても限界はあるだろうと思います。

それでもその中でできる限りすべてを全て空と完全にわかりきった上で、
さらに色の世界では楽しく自分好みの色を塗っていく、選択していくこと。

前出の方もまさにこれから本当の自分らしい、生き方、お仕事をこれまで以上に、ほんとに生まれ変わったように体現されていかれるんだろうなと思いました。
これから本当に楽しみです!

色の質問、空の質問

その個人セッションでは
色の世界で自由に色付けするための質問の仕方について
空もしくは無、宇宙の真理側立つにはこういう質問の仕方ですよねって言う話をしていました。

僕たちはつい直面している問題を前にすると
(人によって健康の事だったりパートナーシップ)

そんな時は

  • どうしてこんなことをになるの?
  • どうしてこんなことするの?

とか無自覚にその問題を悪化させるような、色の世界で余計に自分が望まない色を塗るような質問をしてしまっているのがほんとにごくごく普通のことです。

家族の事、身近な人の事は「難しい」と感じる方が多いと思います。
プロコーチ、カウンセラーでもそうだったりします。

もし自分の中で起こっていることが、思考だったり関連する感情だけど認識してる場合はほんとに要注意です。

必ず思考なり感情なりが生じる前に、それらを誘発させる気づかない質問が起こっているはずです。

例えば朝着る服を選べるのは何を着ようか?今日の天候はどうだろうか?とか質問しているからです。
また、夕食を前にして最初に野菜に色が行くとしたら、何から食べたいか?何から食べれば例えば血糖値が上がりにかけて体に良いか?何か食べれば良り美味しくより満足を感じられるか?とか
人によってシチュエーションによってメニューによって様々だと思いますが質問しています。

「野菜に意識が向く」これだけとってみても無自覚の質問が必ず起こっているはずです。

この無自覚な質問は毎瞬起こっているので全てに気づくのは正直簡単ではありません。

僕がある時に内なる質問を計測したら自分がわかるだけでも1日に4000回以上だということがわかりました。
本当はもっともっと多いです。
ですから質問でしかないです、全ては質問です、僕たちは!

自分で選んだ質問を意図的にしていく

そこで現実的に実用的なのは、自分で選んだ質問を意図的にしていくと言うことです。

前出の方もまさに一見災難としか思えない事にうまく質問を使われて、人間ですから一瞬はそこにはまりはするんですが、
そこでエネルギーロスする、波動がぶれる事を最小限に抑えられて、本当に美しく着地されたと思います。

さらに僕の前日のYouTubeを聞いてくださっていて、「高熱が出たことも冬至前の1つの区切りだったでのは?」といったことをおっしゃってくださいました。
確かに肉体的には普通に苦痛で災難でしたが、お不動さん(不動明王)の炎カルラインで焼いてもらったような、翌日には心地よい疲労感だったりスッキリ感でした。

肉体を持ちながらも生まれ変わるタイミング、それは人によっては僕らのような一見災難とレッテルを貼られるような現象かもしれません。

災難の方が本質に還りやすい。あとはどう読み解くか

その方がメリットかなと思うのが、何かハッピーな出来事だとエゴが喜んでしまって、僕の場合だったら色の世界にはまりやすくなる可能性があります。

一旦立ち止まらざるを得ないような、災難だと中心軸に戻ろうという力学が自然に生まれます。

顕在意識的にはハッピーな出来事だったり、災難だったり、もしくは何もなくて私は生まれ変わったんだろうか?と疑問になるような場合、ケースは様々だと思います。

いずれにしてもカギはいかに読み解くか?ですし。ひとり宇宙で、空ですし、どうあれ僕らは順調だ思います。

とはいえ僕らはワンネスのもっとみんなつながっていますから、お互いに影響し影響され得ると言うこともまた真実だと思います。

たくさんの人がこの冬至を意識していると言う事は、大きなエネルギーが動いていると言う事です。

意識的にそのエネルギーを利用させてもらったり、お祭りのようにして楽しむのはこの世界にいることの醍醐味かなとも思います。

新しい時代

本当に新しい時代になりそうです。

この瞬間は、ずっと気になっていた人とお付き合いを始める直前のような、
ずっと始めたかった仕事をついに開始する直前に来た時のような、
ずっと体感したかったワンネスを体感する腑に落とす直前のような
スイートな時期です。

もちろんその時が起きた後も楽しいと思います。

それでもやっぱりこの3日前直前と言うまたとない日を楽しみたいです。

明日は3次元世界脱出ワークのシェア会があります。

参考:スピリチュアル・統合・ワンネス…目醒めのためのシェア会情報

本当に皆さん僕以上にワークを楽しんでくださっていて、3次元世界を超える感覚そのものも楽しいです。
全てがデータもしくは光なんだとわかった上で自分に問いかけることで、肉体的な症状がほんとに変容すると言う体験を僕と同じようにされていたりします。

全てが高次の光ですから低次元の闇も災難も本当は光です。

とはいえ肉体があるから限界もまだまだあるんですけど、この先に瞬間移動とか壁抜けも、僕にはまだ情報が来てませんがいずれはくるのでしょうか。

三次元世界脱出ワークは、質問の本質の授業のみなさんに「オンラインのシェア会」としてご案内しています。
これから講座に申し込み、参加される方は、一月に入ったらメールでお知らせします。タイミングが合いましたら、2月以降も多分練習会を開催しています。

質問の本質の授業についてこちらをご覧ください。

冬至まで3日。僕もこの時間を貪欲に味わって過ごしたいと思います。

各講座について

心理学・量子力学・スピリチュアルを統合した3講座を運営しています。

(1)まずは自分軸を取り戻す(眠りを卒業する)
★「質問の本質の授業」オンライン講座

本質・ワンネスを思い出すベースとなる講座です。

5次元意識・時間の使い方、現実創造もカバーしています。
質問を通じて多次元意識も思い出します。
まずはここから。眠りを抜けないと始まりませんよね。

(2)ポジティブ・ネガティブ、光・闇…二元性を超えた「純粋観照者」を体験する
★正反統合ワークオンライン講座

ワンネスに還る前に通常通るのが「純粋観照者」です。
人間意識とはまったく違うクリアな意識を思い出します。
「これまで自分がいかに小さかったか!」ワーク後に驚かれるでしょう。

(3)そしてワンネスを思い出す、ワンネスへ浸る
★ワンネス体感ワークオンライン講座

そしてついにワンネスへ…「純粋観照者」さえも包含する根源の意識を体感します。
一度味わったスウィーツの味は、肉体次元でもいつでも味わえるようになります。

「ワンネスに還ったらワンネスそのものじゃないですか?」
その通りです。ただ、ワンネスに浸ったままだと歩くことすら危なくて
人間の肉体体験に戻るには、人間意識とワンネスをブレンドするくらいがちょうどいいんです。
しかし現象界の全てが変わることになります。

質問の本質の授業3.0・正反統合ワーク・ワンネス体感ワーク
3講座フルセットの申込はこちら

–3つの段階と各オンライン講座–

https://mindquest.stores.jp/items/63904d9e0c94e407820401f3
<3講座同時受講-特典->
・通常68,000円→セット価格
・サポート期間
質問の本質:通常3ヶ月→6ヶ月間
正反統合 :通常1ヶ月→3ヶ月間
ワンネス :通常1ヶ月→3ヶ月間 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

ご意見・質問・感想はどんなことでもお気軽に^^(メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。日本語が含まれない文章[英文のみ等] は投稿できません。)