アンソニー・ロビンズ

アンソニー・ロビンズの「10日間メンタルチャレンジ」

こんにちは。
蝸牛(@heroesjourneyi)です。

今回は、アンソニー・ロビンズの「10日間メンタルチャレンジ」についてです。

これは、アンソニー・ロビンズが教えているメソッドの中でもまさに中核をなすものです。
過去の考え方、感じ方、行動のパターンを変えるシンプルな方法です。

シンプルなだけに、実行するにはそこそこ「熱量」が必要な気がします。

  • 受験に向けて、もう一段モチベーションを高めたい!
  • 入社して初めは新鮮だったけど、マンネリ化してきた…このままではだめだ!
  • 起業や独立の準備をしてきたけれどここまで思うように行かなかった。でもここから挽回したい!

なにか「自分を変えたい!」と熱量があがってきた時にはチャレンジのしがいがあると思います。

本当にエネルギーが下がりきっている時に、これにチャレンジすると失敗かも…。
セルフイメージが下がってしまうと、かえってよくありません!

人は「生存の本能」から、どうしてもネガティブな面に意識を向けてしまうもの。
つい、未来への不安や過去への後悔に、時間と精神エネルギーを使いがち。

なので、この10日間メンタルチャンレンジで目指すことは、
意識や時間の90パーセント以上を問題解決のために使っていくことです。

このチャレンジを進めると、次第に、

  1. 感情に振り回されることが少なくなり、
  2. 問題が起きても、問題そのものにとらわれたり、
  3. ストレスやネガティブな思考に陥ることも減ってくる

ということが体験できると思います。

つまり、ストレスフルな感じ方、ネガティブ思考、悩み苦しみを脱出して、前向きに行動し続けたい人にとってはうってつけの方法になります。

ここではその概要を紹介しますので、
少しでも参考になりましたら幸いです。

アンソニー・ロビンズの10日間メンタルチャレンジ!

このテクニックの中核は、

  1. 状況をありのままに見る
  2. それを実際よりも良いものとして見る。
  3. 自分がその見たとおりに、実際がなるように状況を変える。

ことにあります。
では、そのために具体的にはどうすればよいのでしょうか?

10日間メンタルチャレンジのリストは以下のようになっています!

  1. この10日間はネガティブな感情にとらわれることを一切拒否する。
  2. パワーを奪うような質問、言葉、比喩などに一切とらわれない。
  3. もしネガティブな感情に気づいたら、すぐに取り払う。
  4. この10日間は、毎日以下のような質問を使う
    今、人生で何が幸せか?人生で何がエキサイティングか?
    今、人生で誇りに思うことは何だろう?なぜそう思うのか?
    今、感謝したいことは何だろう?
    今、一番楽しんでいることは何だろう?
    今、一番大切なことは何だろう?
    私はだれを愛しているだろう?私を愛してくれている人はだれだろう?
  5. この10日間は、考えるのは問題ではなくて、「解決法」であることを確認する。
  6. ネガティブな思考や感情にとらわれているのに気づいても、すぐに自分の気持ちを切り替えられる限り、自分を責めない。
  7. ひとたびネガティブな思考や感情にとらわれていることに気づいたら、もう一度初めから10日間チャレンジをやり直す。

(それぞれのステップやパワークエスチョンは、一部のみ紹介しています。詳しく実践したい方は『あなたの「最高」を引き出す方法(アンソニー・ロビンズ、PHP出版)』を参考にしてください!)

 

準備ができていない人は初めてはいけない

アンソニー・ロビンズは、

「人生に新しい姿勢で向かう準備ができていない人は、
10日間のチャレンジは始めないでください。」

と言っています。

本気で人生を変えたいと考えている人のためのプログラムといえそうです。

本気で実行するために、家族や友達にチャレンジしていることを話しておいて、もし、ネガティブな思考や感情に陥っていることがあれば指摘してもらってもいいですね。
仲間がいれば一緒にやるのもよいですね!

アンソニー・ロビンズの著書を毎日30分以上読む

アンソニー・ロビンズは、メンターであるジム・ローンの教え

「食べることを忘れても、読むことは忘れてならない。」

ということを忠実に守ることを紹介しながら、

10日間メンタルチャレンジを実践している間、その効果を高めるために、一日30分から1時間の読書を勧めています。

では、どんな本を読めばいいか?

もちろんアンソニー・ロビンズの本がいいですし、
大好きな偉人やメンターがいる人は、その本でもいいですね!

アンソニー・ロビンズなどの書籍は読むだけでパワーを与えてくれると思います。

私にとっても、「食べることを忘れても、読むことは忘れてならない。」という教えは、人生の中核をなす言葉だと思っています。

世界のリーダーの教えがわずか1000円や2000円と、わずかな時間の投資で手に入るので、今は本当に良い世の中です。

自己評価のシステムを変えて自滅的なパターンから決別する

アンソニー・ロビンズは、

「私たちは、自分の評価システムを変えない限りは、自分をネガティブな方向に判断してしまう。」
と言います。

達成したいものにフォーカスして、自滅的なパターンはぜひ決別していきたいものです。

 

10日間メンタルチャレンジを続けていくと、

  • 自分の感情のパターンに気づくことができて
  • 状況に対する感じ方を変えるたびに、自分自身を持てるようになり、
  • 人生を新しいステージ押し上げていく

ことが実感できるようになります。

私もまだまだ道半ばですが、アンソニー・ロビンズの教えをマスターすべく実践していきます!

以上簡単に10日間メンタルチャレンジについてご紹介しました。
いかがでしたでしょうか?

心理学・量子力学・スピリチュアルを統合した3講座を運営しています。
3講座同時受講される方々も増えています。

(1)まずは自分軸を取り戻す(眠りを卒業する)
★「質問の本質の授業」オンライン講座

本質・ワンネスを思い出すベースとなる講座です。

5次元意識・時間の使い方、現実創造もカバーしています。
質問を通じて多次元意識も思い出します。

まずはここから!眠りを抜けないと始まらないです!

(2)ポジティブ・ネガティブ、光・闇…二元性を超えた「純粋観照者」を体験する
★正反統合ワークオンライン講座

ワンネスに還る前に通常通るのが「純粋観照者」です。
人間意識とはまったく違うクリアな意識を思い出します。
「これまで自分がいかに小さかったか!」ワーク後に驚かれることになるでしょう!^^

(3)そしてワンネスを思い出す、ワンネスへ浸る
★ワンネス体感ワークオンライン講座

そしてついにワンネスへ…「純粋観照者」さえも包含する根源の意識を体感します。
一度味わったスウィーツの味は、肉体次元でもいつでも味わえるようになります。

「ワンネスに還ったらワンネスそのものじゃないですか?」
その通りです。
ただ、ワンネスに浸ったままだと歩くことすら危ないです。
人間の肉体体験に戻るには、人間意識とワンネスをブレンドするくらいがちょうどいいんです。
しかし現象界の全てが変わることになります☆^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご意見・質問・感想はどんなことでもお気軽に^^(メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。日本語が含まれない文章[英文のみ等] は投稿できません。)