ネヴィル・ゴダード

私は在る/その意識の膨らませ方|世界はどうしたってあなたの意のまま第7章

僕にとって心のメンターの一人、ネヴィル・ゴダードさん。
とくに「世界はどうしたってあなたの意のまま」は、僕を独立まで導いてくれた本の一つ。
すでに恩恵を受けているものの、もっと自己適用していくために、1章ずつ、概要をまとめ、落とし込みワークを作成/シェアしていきたい。

私は在る/その意識の膨らませ方|世界はどうしたってあなたの意のまま第7章

この章の結論は、「意識こそが現実を創る」だ。

だから、何かを実現させたい、現状を変えたいのであれば、
僕たち自身の意識を変えるしかない
ということ。

  1. 意識こそが現実(その理解の仕方)
  2. 望む現実を生み出す意識の作り方
  3. 「ただ在る」意識の作り方
  4. 意識を一新する/自分を一新する/生まれ変わることの不可欠さ
  5. 今回のワーク:「私は在る」を膨らませる

の順で書いていきたい。

意識こそが現実

意識こそが現実…

これは、いったいどのように理解できるだろうか?
僕の理解は、

現実は、僕たちの意識は映画やドラマを映し出すフィルム・データのようなもの。

だからこそ、僕らが意識することは、つねに、目の前の現象として映し出される。

実際、量子物理学の世界では、

現象界(宇宙)は、宇宙外から投影された幻影だ

との考えもある。たとえば、こんなことまで幻影ということになる。

  • あなたの上司や家族の発言の内容、
  • そのセリフの語尾の付け方、
  • 話し方の抑揚、イントネーション

僕らの中にある「映画のデータ(=意識)」が創り出している(映し出している)。

望む現実を生み出す意識の作り方

さらにこの章では、「望む現実を生み出す意識の作り方」も解説されている。
極めてシンプルに…。

そのやり方は、「現状の意識を全て捨てること

「現在の自分」「考え方」「自分に対する認識」をすべて捨てる。

いわんとすることは分かるけれど、実際問題、そんなことが可能だろうか??
ネヴィル・ゴダードさんはこう説く。
これも極めてシンプル(笑)

  1. 現状の全て(問題・制約・悩み事・心配事・不満に思うこと等)から意識をそらし
  2. ただ「在る」ことを感じる

さらに、「ただ在る」意識の作り方解説につづく。

「ただ在る」意識の作り方

これはどうやるか?というと、

「私は在る」と心の中で唱え続け、
「私は在る」と心の中で感じる。

え、これだけ…。
(もう少し詳しく解説して!と思う人もいることと思う…。)

コレが心底できたら、あなたも僕も最強になれる。もう人生で悩むこともなくなるはず。

だから簡単じゃないかもだけど、極める価値がある。少なくとも不安・心配を大きく減らすはずだから、ぜひやって行きたい。

いかに、僕なりの「在る」の膨らませ方を書いておく。

「私は在る」意識の膨らませ方

  1. 心の中で「在る」を意識しながら、
    「自分は、どのように『在る』のだろう?」と思いを馳せる
  2. 肉体が在る。手、足、胴体、内臓が在る…(ことを感じる)意識も在る、場所は、頭部、頭頂、頭のやや上だろうか…(と意識をする)意識は、ハイヤーセルフとも繋がる間にも広がっている感じがする…
  3. さらに意識は、ハイヤーセルフを通じて、宇宙にも在る…意識が、宇宙全体に広がり、侵食するイメージが浮かぶ。それを見ながら、在る、在る、在る、在る、在る…と唱える。
  4. そうすると、「自分が在る」とは、「宇宙が在る」ことのように「感じられる」この意識の広がりは、家族も、あの人、この人、他人も、現象界の全てを飲み込む。ここまでくると、「在る」感が結構でてくると思う。

(僕の「私は在る」意識の広がりは、ジブリ映画「もののけ姫」で登場するデイダラボッチが空一面を覆うイメージだ。)

(@kemurin921さんのツイートhttps://twitter.com/kemurin921/status/1055827679704887296より)

さらに、この状態で、「望んだ通りの自分」になっていると「感じる」ようにと、ネヴィル・ゴダードさんは続ける。

これはビジュライゼーションに慣れている人なら、割とやりやすいのではと思う。ありありと体感しよう。

これで、「新しい意識に形が与えらる」ということだ。

意識を一新する/自分を一新する/生まれ変わることの不可欠さ

ネヴィル・ゴダードさんは、

イエスの言葉
「あなたは新たに生まれなければならない。そうしなければ、神の国に入ることはできない」

を引用しつ、僕らの意識を一新することの重要性を説いている。

そうしなければ、

現状持っている、思考パターン、行動パターンや、「家族がいるから」「会社が…だから」といった外部的な条件など、あらゆる制約に縛られる

と警告する。

アインシュタインも、「問題が生じたときと同じ意識状態では、問題を解決することはできない」ということを言っている。

だから、自分も、意識も、周波数も、常に一新していきたいものだ。
(波動のクリアリングに終わりがない=純化に終わりがない、ことと同じだと思う)

※波動のクリアリングの解説ページはこちら
並木良和さん統合ワーク【波動の周波数/目醒め促すクリアリング】

一新した自分には、古い自分のカケラさえも持ち込めないことを、できるだけ頻繁に意識していきたい。

今回のワーク:「私は在る」意識を膨らませる

今回ワークは、やはり、「私は在る」

やり方は、「私は在る」と唱え続ける続ける、ことなんだけど…

NLP的に考えると、上記で僕の「在る」の膨らませ方で例示したように、内側に意識を向けることから始めると良いと思う。

  1. 体の各部位、脈拍、呼吸、血流など感じつつ、「体が在る」という体感から始める。
  2. 次に「意識が在る」に移る。

「体が在る+意識が在る」これだけでも「在る」感は増すと思う。

もちろん、これは必ずしもあなたにとっては正解じゃないと思う。
ぜひ「クリエイティブさ」と「楽観さ(=大いなる勘違い)」を携えなら、あなたのスタイルでやってみてほしい。

今回は以上でおわり。
記事を読んだ方、ワークをやってみた感想や質問は、コメント欄にどうぞ!
続きは8章へ。

最初から読みたい人はこちらへ。

【ネヴィル・ゴダード】世界はどうしたってあなたの意のまま1章:概要&実践ワーク 僕にとって心のメンターの一人、ネヴィル・ゴダードさん。 とくに「世界はどうしたってあなたの意のまま」は、僕を独立まで導いてくれ...
各講座について

心理学・量子力学・スピリチュアルを統合した3講座を運営しています。
3講座同時受講される方々も増えています。

(1)まずは自分軸を取り戻す(眠りを卒業する)
★「質問の本質の授業」オンライン講座

本質・ワンネスを思い出すベースとなる講座です。

5次元意識・時間の使い方、現実創造もカバーしています。
質問を通じて多次元意識も思い出します。
まずはここから。眠りを抜けないと始まりませんよね。

(2)ポジティブ・ネガティブ、光・闇…二元性を超えた「純粋観照者」を体験する
★正反統合ワークオンライン講座

ワンネスに還る前に通常通るのが「純粋観照者」です。
人間意識とはまったく違うクリアな意識を思い出します。
「これまで自分がいかに小さかったか!」ワーク後に驚かれるでしょう。

(3)そしてワンネスを思い出す、ワンネスへ浸る
★ワンネス体感ワークオンライン講座

そしてついにワンネスへ…「純粋観照者」さえも包含する根源の意識を体感します。
一度味わったスウィーツの味は、肉体次元でもいつでも味わえるようになります。

「ワンネスに還ったらワンネスそのものじゃないですか?」
その通りです。ただ、ワンネスに浸ったままだと歩くことすら危なくて
人間の肉体体験に戻るには、人間意識とワンネスをブレンドするくらいがちょうどいいんです。
しかし現象界の全てが変わることになります☆

POSTED COMMENT

  1. ルル より:

    私は在ると唱えることは、どれくらいの時間するのですか?1日中?数日間毎日?

    • 蝸牛 より:

      ご質問ありがとうございます。
      可能なかぎり、気がついたときに、毎日、ご自身で「もう十分だ」と確信されるまでされると良いと思います。
      これでお答えになっているでしょうか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

ご意見・質問・感想はどんなことでもお気軽に^^(メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。日本語が含まれない文章[英文のみ等] は投稿できません。)