スピリチュアル

死に対する恐怖を外す、肉体次元の脱自己同一化、寿命を知る、コンシャスダイイング、肉体があるから死も花粉症も体験できる話

YouTubeに「死に対する恐怖を外す方法を教えてもらえませんか?」とご質問をいただきました。

僕は「死に対する恐怖を外す方法を知っている」とか、
「恐怖を外せた」とか語ったとことはないのですが、

確かに、昔の僕にとって死ぬのは人生の終わりで怖いものでしかなかったのに、
今は、肉体の死は一つの通過点だという認識が自然になっています。

死が終わりとは到底思えないので、以前のような恐怖を感じるのは難しいわけで
「そう言われてみればこういう認識になっていることに自分でも結構変わったな」と少し驚きました。

なので今回は僕の死に対する認識と、どのようにして今の状態になったか?シェアしようと思いますが、僕の今の「認識自体」も、また「それまでの過程」も、ごく「ありふれたこと事」ですし、
つまりは肉体の死との自己同一化の程度を下げることで、仕事をする上でも、覚醒を進める上でも、脱自己同一化は、実は共通のテーマとなりますし、
参照しようと思われたら、あなたの感覚を変える材料にしていただければと思います。

(この記事の内容は動画でもシェアしています)

質問の本質の授業オンライン講座
−特典−
・個人セッション(10,000円分)
・通常1ヶ月→3ヶ月間サポート
1.『質問の本質」の授業とは?
2.オンライン講座受講生の感想
3.講座・個人セッションQ&A

前提:死に対する意味付け、解釈は色々で流動的

まず恐怖を外す話の、前提なんですが、僕らの死に対する意味づけマチマチで、何を感じるかも決して固定的なものじゃないことを確認しておきたいと思います。

ですので、まず

  1. 自分が<死をどうとらえているか?>が一つのポイントで、僕らの認識は社会的な影響を受けまくっていることと、
  2. その社会的・文化的な(死の)認識・捉え方は、文化によってまちまち

だという2点はまず見ておきたいと思います。

実際、文化によっては家族がなくなったら「死は今世の卒業」ということでお祝いをしたりしますので
日本のように一定期間、喪に服すのは、必ずしも当たり前じゃないわけですよね。

日本と海外で違いますし、同じ日本人でも、僕の認識と、僕の友達とも家族とも全く同じじゃ無いです。

(僕が最初にショックだったのが、「死の恐怖は全くない!」と豪語している人がいて(これは僕が師事した心理学の先生の一人で、実際そんな達観した感じの方でしたが)、正直そんな発言をされても僕には関係なかったです。非現実的で、そんな感覚は到底持てないと思いましたが、
今思えば、僕もその後コンシャスダイイングの本を読んだり、肉体の外の世界に意識を向けるようなったので、この発言って実はきっかけの一つになってます。)

なので日本のスタンダードな死生観のままだと、なかなか死の恐怖って外せないかもしれませんが、僕と同じように何かきっかけをつかんで、死に対する恐怖がマイルドになるような情報に触れていけば、結構変わっていくはずです。

例えば僕の場合、「死」とは別のケースだと、長く苦しみでしかない病気なのに「これは本当に自分に必要なものだ」って意味づけが変わったり、パワハラされた上司に「心底友情を感じられたり」しましたので、
(意味づけ・解釈って本当恐ろしいと思うんですが、そうすると病気が治癒したり、人間関係が本当に変わったりもしました)
なので、「そんな認識の仕方なんて無理でしょう」ってことが意外とできたり、その結果僕らが予想しない変容をすることってあるし、しかもそれが一瞬でおこる可能性も十分あると(僕も10分、20分のワークで起こってますので)経験上思います。

もちろん、何か変えたいものがあって、最終的に変えられることも、変えられないこともあります。
でも多くは少しくらいは変わりうる、というのが実際じゃないかと思います。死に対する認識も、ですし、僕もずいぶん変わったなと思います。

実際、僕らは変化しないほうがほぼ不可能で、何かワークとか瞑想をやらないにしても、実際、僕らは常に変化しています。
(という話をしていて思い出すのが養老孟司先生の「バカの壁」で、この本にはそういう話が出ていますが)僕らは昨日の自分でもないですし、1秒前の自分ともすでに違います。
パラレルワールド理論は量子物理学的にも言われることですが、そんな話がないとしても生物学的に考えても常に本当に変化しています。
(一応宇宙はあまり無粋なことはしないので、変化は徐々におこることが多いですが)

なので、僕のこのシェアを触れていただいた前と後では、
あなたの死に対する感覚、死生観には(意識できる・できないは別として)何か変化が生じる可能性は大ですし、
この話の後、また別の情報に出会ったり、同じ情報に出会ったとしても繰り返し触れていく事で、連鎖的に変わっていくはずです。

(ただ、それを意識化できるかどうかの問題はどうしてもありますよね。
でも意識化できる方が人間的には楽しかったりするので、
例えばですが、時々、「自分の死生観は前とどう変わっただろう?」という質問を持つようにしてください。そういえば・・・と気付けるよになりますし、気づく精度が高まりますので、自分を観察する意識、質問はしていただければと思います。)

死に対する意味付けだって流動的で変わりうること、変容することにさらにオープンになっていただいたところで、
つづいて僕の状態(→死に対する認識、死生観)と、どういう過程でそうなったか?話します。

僕の死に対する認識・死生観、変容のプロセス

今回は、僕の認識と変容の仕方を3つ紹介します。まず…

1肉体の死は通過点(この認識は徐々に深められる)

「肉体の死は一つの通過点」といった捉え方は、今の時代は結構ポピュラーになっていると思いますが、僕の中でも一番無理のない表現だと思っています。

今はそうとしか思えないし、自分の中で確かめても「その通り、自分でも知ってる」と出てきます。
証拠は示せないのが残念ですが、この感覚があるかないかで死に対する恐怖は緩くなる可能性がでてきます。

たとえば、今世で達成できそうにない事も来世とか来来世でできるかもって思うと気楽になれたりします。

じゃあどのようにしてこうなったか?というと、
例えば、輪廻転生の実例なんかを知りたいと思って、一時期は親戚の子とか、小さな子供と話せるときは、生まれる前の記憶があるか?聞いたりしていました。

そうすると歯にかみながら喋らないけど知ってるって表情をする子がいたり、はっきり雲の上で天使と一緒だったとか、「こんな神様がいて…」と絵を書いてくれたり、「ママのことを見てた」とか話してくれる子がいて、
そういう子達って親に話しても信じてもらえなくて普段はしゃべれないので、聞くと嬉しそうに話してくれたりします。
本でもこうした話は読めますが、直接子供たちから聞けると結構インパクトがあります。

そして僕自身は、例えば過去世って前は全く有るのか無いのかわかりませんでしたが、能力ある人に霊視してもらったり、自分でも過去にアクセスして何となくだけどわかるようになったり、
生まれ変わりの実話なんかにも意識的に触れるようにしていくと、やっぱりだんだん肉体の死が意識の終わりとは思えないようになってきました。

こういう情報っていっぱいありますし、過去世を見てくださる方、ヒプノみたいに誘導してもらって自分で見るとか、こういう感性をもってみるのもいいと思います。

もし簡易的にやろうと思ったら、「死を恐れずに受け入れるためにーこの世から旅立つときのガイドブック」というコンシャスダイイングの練習方法とか理論とか書かれた本があります。

これは僕はもう10年くらい前にコンビニで見かけて、コンビニにこんな本があるってすごい時代だなと思ってかったんですが、僕としてはよかったかったなと思う本です。

2寿命が(何となく)わかっているーそれまでは死なないと思っている

そして2つ目として、僕は何となくですが、自分の寿命がだいたいわかっている、ということがあります。
逆にいうと、それまでは死ねないだろうということです。

(実際、僕はやっぱり寿命まで死なないのかも、て思わされた事がありました。
ちょっと前、まだサラリーマンをやってる時に、どうしても、雪道で一部凍結した道をしかもちゃんとした装備じゃない車で走らないといけないという時があって
凍結したカーブで対向車線にはみ出したとろに、ちょうど対向車が来て、もう死んだと思いましたし、相手の人に申し訳ないと思いましたが、もうダメだと思った次の瞬間、もとの車線に戻ったということがありました。

一応このときスタッドレスだったんですが、タイヤの溝がけっこうツルツルで凍結していない柔らかい雪道でも結構すべるし(←全然ダメですよね)、僕は雪道の運転なんて全然なれてなくて技術はないのに助かったので、「ほんと寿命まで死なないんだ」って思った経験でした。

…でもこれって、単なる偶然とも言えますよね。寿命じゃないから死ななかったなんて根拠はないので、ちゃんとした装備で走りたいと普通に思いますが、でもこれは「本来の自分」が人間意識に体験させる意図があったんだと思います。)

なので、死の恐怖を緩くする意味では、寿命を知っておくのは一つの選択肢だと思いますし、
自分の体験のなかで(あまりないかもしれませんが)九死に一生を得たような体験がもしあれば、振り返ってみると「やっぱり寿命まで死なないのかも」って思えるかもしれません。

あとはじゃあ「どうやれば寿命がわかる?」という話ですが、
それは、実は「自分に聞く」だけなのですごくシンプルなんです。

じゃあ、具体的にはどう聞くの?という話ですが、そんなの知りたくない人もいらっしゃると思いますので、これ以上は言わないようにしておきます。
でもちょっと興味があるという方は、調べてみたり、個人的にご質問いただければと思います。

3今世絶対やらなきゃいけないことが無い(実現したいことは、宇宙任せ)

さらに3つ目、僕の場合
今世で絶対に!やらなきゃいけないことが無くて
(やりたいことはあるんですけど宇宙任せ)

と思っている、ということがあります(ちょっとおじいちゃん見たいかもですが)。

もし僕に、「絶対やなきゃいけない」(使命みたいな)ことがあれば、死ぬのは怖いと思うかもしれません。
でももちろん、今世のお役目だと思って、その中でやりたいことは沢山ありますので、これも解釈次第にはなります。

(例えば僕も、肉体的なアセンションも体験できるなら行けるところまでやってみたいですし、
今の風の時代って、覚醒、意識の拡大が進んでいく過程がけっこう速くて、これはまだまだ体験したいですし、
僕がオンライン講座でお伝えしている「質問の本質」(質問の本質の授業オンライン講座)も意識の拡大にはホント親和性が高くて
<実際、今受講を始めてる皆さんも統合の感覚を掴みたいと講座を始めてくださっていますし、僕自身もこれがあるか無いかで全然違ってますので>
もっとたくさんの方と「これ、すごいですよね!全然違いますよね!」って話を講座でも、個人セッションでも皆さんともっと共有したいですし、海外の方にも英語バージョンの講座も作りたい!とか実は欲望は色々とはありますが、
でももし、そういう宿命になくて、実現できなければ仕方ないかなとも思っています。
僕のメンターの一人に小林正観さんがいらっしゃいますが、正観さんの「最終的には宇宙任せかな」と思う感覚が、僕もけっこう染み込んでいます。)

でも、そういいながらも、
実は今、断捨離を絶賛実践中で(今は第3弾の断捨離期間なんですが)今回で断捨離はできれば!やり切りきって、
やり切った後のスッキリ感、意識の加速がすごいことになりますので、これは体感してから、
それから「新しい講座」も準備してますから、これも世に出してから肉体を脱ぎたいと思っていますが、
それまでは寿命が持ちそうですし、楽しみながら、「質問の本質」の授業もまだまだお伝えしていきたいと思います。

死の恐怖を手放すーおわりに

ということで、

  • 僕は以前と比べると、まず観念的に肉体の死から離れていますし、
  • 寿命がわかる分、時間的にも距離があります。

僕らは離れているものには(恐怖も含めて)感情を持ちにくい性質があるので、差し迫った方に比べると恐怖は感じにくいんですが、

それでもこうして、

  • 肉体の死に(例えばコンシャスダイイングなどで)親しみを持ったり、
  • 肉体を超えた部分に意識を向けることは、

やらないよりは、恐怖が次第にマイルドにならざるを得ないと思います。

僕の場合、その入口は「死は全く怖くない!」という発言だったり、自分の過去世、未来世をリーディングしてもらうことでしたが、コンシャスダイイングの本なんかはコンビニで500円でしたから手軽と言えばすごく手軽だと思います。

でも肉体があるのに、恐怖を無くしてしまっていいのか?と思われるかもれませんが、それはたいてい、多くの人は大丈夫じゃないかなと思います。

安全装置として機能は意識の段階に応じて、ちゃんと残るからです。

例えば僕も、ついさっきも、外で大声がしたのでなんだ!?って一瞬思いました(見てみたら中学生くらいの子達が騒いでたんですが)、これって根底には実は死に対する恐怖があります。
僕らは、大きな音には、マインドが肉体を持っている以上は、身を守るために、反応するようになっていて、お腹が空いたらお腹がぐ〜っとなるのと同じようなものです。

逆にいうと僕の意識段階は今はその程度だ、ということです。まだまだ肉体がしっかりあります。

ただ、そうして感じる自分とは、やはり距離がより離れていって、自己同一化する度合いと時間が短くなってきていくといことは、今の風の時代は、僕だけじゃなくて人類全体として、物理次元との距離がもっと空いてきます。

なのでこれまでは人間関係がキツいと思うことでも、体の症状が辛すぎると思うことでも、それを観察側する意識に立ちやすかったり、
自分の本質は、肉体じゃなくて意識だ、やっぱ意識の時代だっていう感覚が深まっていくと思います。
(これこそ「質問の本質」で深めていただきたいことになります!)

この風の時代だっていう話も、自分には正直なかなか実感はできるもんじゃないでしょ、そんなスピリチュアルな人たちが言ってるだけじゃない、とか思ってましたが、

自分が意識であることを思い出していく時代が、僕にもきているようです。

(でもそう言っても、せっかく今は肉体がありまし、あと何回春があって夏があって秋がくるのかある程度決まっていますから、その時にみられるものを見て、食べられるものを食べ、今世を味わって卒業したいと思います。)

そういえば以前の自分なら、今は花粉症の季節でしたから、一人で外を歩いてもマスクが必須でしたし、外出もできればしたくい時期でした!
でも今は思いっきり春の空気を胸いっぱいに吸えるわけですが、ついこのことも当たり前になっていまっていましたので、「これだってすごいことだ!」と思い出す機会をいただきました。

肉体があればこそで、花粉症を経験できますし、死の恐怖も体験できます
もちろん普通やりたくない体験ですが、それさえも楽しみにできるくらいのなれるといいなと思います。
脱自己同一化を進めていきましょう!

『質問の本質』の授業オンライン講座

『質問の本質』の授業オンライン講座(詳細は、『質問の本質』を楽しみながら、体感して、学べる、オンライン講座です。
(この度オンライン講座は「未来の自分とも繋がる”タイムフレーミング”」「目醒めをを追加してアップデートしました!今後は目醒めや悟りをテーマにしたコンテンツも追加していていきます。)

質問はその『本質』として、

・意識を望む方向・場所に置く装置であり、
・脳にとって「逆らえない絶対的な命令」で、
・意識を絶対的に動かすもの

といったこと、理論的に、ワークを通じて体感でき、落とし込みができるうようにプログラムしています。

・意識をおきたい方向・場所から、逆算して「意図的な質問」を作る
方法(質問のレシピ①、これは未来の自分・本質の自分にコネクトする上でも基礎となるものです。)
・「意図的な質問」を作って、定着させるイメージ法
・はまり込んで抜け難い(ネガティヴな)思考・意識から抜け出す「質問」の作り方・使い方(質問のレシピ②、3次元世界・人間意識を抜けるための基礎となります。)

といった理論・実習を通じて学んでいただきます。

受講中は、

・メールサポート(メールで解決しない場合はSkype or ズーム or LINEもOK)

を提供していますので、安心して受講できると思います^^

講座内容
1.質問とは何か?「本質」を体感する
2.質問の本質と、脳の特性
3.「適切な質問」のレシピ~質問の力を、毎日、毎瞬に生かす~
4.質問が人生を変えるメカニズム
5.メール/スカイプ/LINEでの個別サポート
6.Q&A・補講
<追加動画>
・目醒めの意識に立つための質問の使い方
・目醒めを意識しながらも眠ってしまう…日常の眠りの質問に気づく大切さ
<補講>
・デフレーミング(最小の覚醒、意識の反転を起こす質問の技術)
・タイムフレーミング(人間的時間という眠りから抜ける)
・答えの受け取り方・コツ(無意識、深層心理の反応を拾うコツで、感性を養う、セルフリーディングのベース)
・4つの時間感覚(眠り・覚醒中・覚醒後の感覚)
・内から外へ、意識をひっくり返す。癒しや変化の土台
・目醒めを促す、本質へ還る質問

学習の流れ
・購入後に送信されるメールから「専用ウェブサイト」にアクセスして、
・PDFワークブック、動画をウェブ上で視聴しながら学習スタート

そして現在は以下の特典がついてます。
<特典>
・10,000円分個人セッションプレゼント
・通常1ヶ月→3ヶ月間メールサポート(メールで解決しない場合はSkype or ズーム or LINEもOK)

講座申し込みは、
マインドクエストSTORES.jpの紹介ページからできます。
↓↓↓
https://mindquest.stores.jp/items/5d7c28fbe56281295731c5cb

※STROES.jpのシステムを利用したくない方は、「問い合わせフォーム」からの申し込みも可能です。
「お問い合わせフォーム」は、『質問の本質』の授業オンライン講座紹介ページにあります^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご意見・質問・感想はどんなことでもお気軽に^^(メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。日本語が含まれない文章[英文のみ等] は投稿できません。)