目醒め・統合ワーク

並木良和さん統合ワークと目醒めを進めるために心理学とは上手に付き合いたい話

並木良和さん統合ワークと目醒めを進めるために、
心理学とは上手に付き合っていきたいという話をシェアします。

心理学には少なくとも、

  1. 特にメディアで見かける心理学的データ・理論
    …これは眠りの波動を放っているので距離を置きたいもの
  2. 脳を使いこなすノウハウとしての心理学
    (イメージ・言葉(音)・体感・質問・意図の使い方をまとめたもの)
    …これは目醒めていくために適宜利用できるもの

の2点があります。

僕自身が、心理学から目醒めへ入ってきた人間なので、自分でも注意したいとうのがあって、書いていきたいと思います。

(この記事は動画でもシェアしています)

1)メディアで見かける心理学的データ・理論…これは眠りの波動を放っているので距離を置きたいもの

「メディアで見かける」というのは、
あくまで僕の中のイメージなんですが、YouTubeにたくさん動画をアップされているメンタリストのDAIGOさんです。

ものすごい知識と経験から、こんな学術論文がありますといって紹介されるものとか、
テレビで心理学者の先生が、同じように、こういう論文があって、こういうことが言われています
という論説です。

学問なので、調査、統計処理がされて、
3次元的には信頼できるデータだと思いますし、
僕も実際、こういう学術データ、論文はすごく参考にしてきました。
メラビアンの法則とか、すごく納得したのを覚えています。

人間ドラマ、人間ゲームをプレイする上では、有効だと思うんですが。

でも、「こういう行動をする人は、こんな人だとか」、と枠にはめることで、

これに注目すること=外を見る=眠りの意識そのものです。

僕たちは、3次元を抜けて目醒めていくわけなので、
何かも自分で決めていいわけです。

自分>>>自分以外の全て」

心理学の調査上、97%が無理、といわれても、
残りの3%に入っていく意識なわけです。

目醒めていく意識は、
源が自分であり、創造主であり、自分が全てなので、

現象界で人間ゲームをプレイしていても、
「自分>自分以外の全て」
という意識で、

「自分>現実」

にもなるんですが、

心理学とか脳科学のデータを参照するということは、
「自分現実」
となってしまいます。

これは絶対に避けたいところです。

 

僕の場合、公務員から独立するのに随分周りに反対されまして、
(自分で創造したんですが)、このことがもっと早く自分の中で落とし込めていれば、もっと楽に抜けられたじゃないかと振り返ります。

「自分>現実」で思い出すのが、
「ブレインプログラミング」の著者のアラン・ピーズさんです。

(↑写真はバーバラ・ピーズさん)

ピーズさんは、47歳で、進行性の前立腺癌になってしまって、
お医者さんから生きられて3年と言われ、
もし10年、20年と生きられるとしても、3%だといわれたそうです。

これは医学的な見地・データにはなりますが、
でも、ピーズさんは、
「じゃあその3%に入るにはどうすればいいんだろう?」と考えて、
眠った意識からすると「動かしがたい硬い現実」なんですが、幻想を抜けようとしたんです。

実際に先生にも「3%に入るにはどうしたらいいか?」質問したんですが、
先生にはいぶかしい顔をされて、先生もそんなことは考えたことがなくて、答えられなったそうです。

それでも、アランさんは、「97%は何をしなくて、3%の人は何をしたんだろう?」
と自問して、意識を望む方へフォーカスさせ続けた結果…

「97%は死んでしまう。助からない。」という眠りに染まることなく、
自分の生き抜くスタンス、波動を保ち続けたんです。

時空間の観点から見ると、病気に屈する世界も、克服する世界もあるわけですが、
先生に3年後はわからない、長く生きらるのは3%と言われて、ああ、そうなんだと受け入れてしまったら、そのまま眠ったまま進む。

でも、
「じゃあ、その3%に入るにはどうしたらいいんだろう?」と質問した瞬間、ガンを克服するバージョンのパラレルワールドにテレポートした…
そんな風に見えます。

結果、それから20年経った今でも活躍されているわけですから、
しびれます。

2)脳を使いこなすノウハウとしての心理学(イメージ・言葉(音)・体感・質問・意図の使い方)…これは目醒めていくために適宜利用できるもの

心理学のもう一つの側面
脳を使いこなすノウハウとしての心理学(イメージ・言葉(音)・体感・質問・意図)です。

イメージ、言葉、体感、質問などが
脳を上手に扱えるツールだという理解は、
目醒めていくために欠かせないです。

統合ワークでも、

  • 視覚:光のスパイラルを見る、
  • 聴覚:想像の中でシュっという音を聞く、目醒めていくとちゃんと言葉で発する
  • 体感:深呼吸して波動調整する・内側に意識を向けて体感を感じる、
  • 質問:どんな周波数が映し出したんだろう?と自問する

こうすることで脳が動くのは実際のことで
目醒めていく過程でも、この脳の機能を使って、
不要なバイブレーションは自分とは別物なんだと認識させて
外していきます。

それから意図することも大事ですね。
スパイラルが見えなければ、「スパイラルがあるんだ」と意図するだけでいいですよね。

日常的に「この幻想は、どんな周波数が映し出したんだろう?」
など、こんな質問をするだけでも、気づけて、波動が変化します。

こういった心理学的な理解を深めることは、
「自分>現実」の邪魔にはならなくって、
目醒めを進めるツールになります。

自分の心地の良い範囲で利用したいものです。

目醒めの意識で使うことが前提ですが、
神経言語プログラミング(NLP)であれば、
統合ワークとも相性がよくて、目醒めを深化させるのにも役立ちます。

以上、
心理学の2面性ということで、

  1. 「自分<現実」「眠り」につながってしまうような心理学的データ・理論とは距離を置きたいこと、
  2. 「自分>現実」「目醒め」のために使うこともできる、つまり脳を使うための心理学は、適宜使っていけること、

をシェアしてきました。
少しでも参考になれば幸いです。

各講座について

心理学・量子力学・スピリチュアルを統合した3講座を運営しています。
3講座同時受講される方々も増えています。

(1)まずは自分軸を取り戻す(眠りを卒業する)
★「質問の本質の授業」オンライン講座

本質・ワンネスを思い出すベースとなる講座です。

5次元意識・時間の使い方、現実創造もカバーしています。
質問を通じて多次元意識も思い出します。
まずはここから。眠りを抜けないと始まりませんよね。

(2)ポジティブ・ネガティブ、光・闇…二元性を超えた「純粋観照者」を体験する
★正反統合ワークオンライン講座

ワンネスに還る前に通常通るのが「純粋観照者」です。
人間意識とはまったく違うクリアな意識を思い出します。
「これまで自分がいかに小さかったか!」ワーク後に驚かれるでしょう。

(3)そしてワンネスを思い出す、ワンネスへ浸る
★ワンネス体感ワークオンライン講座

そしてついにワンネスへ…「純粋観照者」さえも包含する根源の意識を体感します。
一度味わったスウィーツの味は、肉体次元でもいつでも味わえるようになります。

「ワンネスに還ったらワンネスそのものじゃないですか?」
その通りです。ただ、ワンネスに浸ったままだと歩くことすら危なくて
人間の肉体体験に戻るには、人間意識とワンネスをブレンドするくらいがちょうどいいんです。
しかし現象界の全てが変わることになります☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

ご意見・質問・感想はどんなことでもお気軽に^^(メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。日本語が含まれない文章[英文のみ等] は投稿できません。)