スピリチュアル

並木良和さん統合ワーク簡単ショートバージョン短縮アレンジ3パターンをシェアします。

ここでは、僕が普段やっている統合ワークの短縮版のうち、3パターンをシェアします。

  1. 10秒くらいでできるもの
  2. 1〜2秒でできるもの
  3. 0.5秒くらいでできるもの

の3つです。

僕の場合、統合ワークを丁寧にやると数分間かかってしまいます。
もちろん、外す周波数が重たい場合、外しにくい場合は、丁寧にやりますが、

毎瞬、毎秒手放していくことがたくさんありますので、
もっと短時間でワークしていく必要があって、
こうしたショートバージョンをバリエーションとして自分用に用意しています。

(この内容は動画でもシェアしています)

質問の本質の授業オンライン講座
今「お家で学ぼう!特別価格」になっています。
−特典−
・特別価格21,000円→10,500円
・個人セッション(10,000円分)
・通常1ヶ月→3ヶ月間サポート
1.『質問の本質」の授業とは?
2.オンライン講座受講生の感想
3.講座・個人セッションQ&A

並木良和さん統合ワーク短縮版3パターン

統合ワーク10秒でできるバージョン

では、さっそく一つ目。
10秒でできるバージョンです。

これは簡単に言うと、

  • 初めから波動を上げ上昇しつつ、
  • 下に居る重たい自分がバイブレーションを源に返す様子を見ながら、
  • 何層も次元を上がり、ディバインセルフに合致する

というものです。

つまりは、
外すべき周波数を捉えたら形にして目の前に出したら、
重たい自分はそこに置いて、軽い自分として上昇を始めます。

ディバインセルフを目指して上昇しながら、
下にいる重たい自分がワークをして居る様子を眺めます。
(形をオクタヒドロンに入れて、天の川スパイラルに入れて、「源」に返す様子を眺める。
潜在意識の扉を開いて、残りのバイブレーションを「源」に返す様子も見てもいいです。)

上を見上げてディバインセルフを改めて確認しつつ、何層も次元を上昇する様子を見ます。
(僕はパラレルワールド(元いた世界と同じように見える、別の世界)をエレベーターで急上昇しているように見るのが好きです。)

そうしてディバインセルフに合致したら、ディバイセルフとして新しい次元の世界を、自分というプロジェクターが映し出していると意図しながら、目を開けます。
(このとき透明のガラスのドアを両手で開けるように、手を動かすと、「自分が現象を映し出している」感をさらに感じられます。)

そして下の世界を見下ろして、遠く下にある元いた世界との上がり幅を体感します。
「すごい上がったな」と独り言をも心の中で思います。
(この独り言も体感を増す要素になっています。)

以上が、この10秒バージョンの流れですが、比較的軽いものを手放す場合なら、最初のバイブレーションビルディングした形を体の外に出す「前」に、上昇を始めてしまって、
上昇しながら下にいる自分がバイブレーションビルディングをして体の外に出す様子を眺めるのでもOKです。
始めから下の自分がワークをするわけです。

統合ワーク1〜2秒でできるバージョン

次に、1〜2秒でできるバージョンです。

これは外したい周波数を感じたら、つまり、何かの現象に反応して「うっ」って思ったら瞬間に、「うっ」って思った自分をその次元に置き去りにして、軽くなった自分として上の次元にジャンプする、と言うものです。

「うっ」ってなったら目を閉じて、ディバイセルフめがけて一気にジャンプして合致して、
ディバイセルフの自分として上の次元で、目を開けます。

だから、目を閉じて、開けるともう次元が変わってる。
上の次元に行ってる感じ
です。

これはジャンプして、着地する動作を加えてもいいです。
バラエティ番組なんかでシーンが切り替わる時にやってる感じです。
動作をつけるほうが、ぶっちゃけ…楽しいです。

お子さんがいる方はぜひ子供やってみてください。
子供の方が上手にやりますので、子供は本当メンターだなと思います。

この動作は座っていても、上半身の動作はできますので、オフィスでやっていても、「肩をほぐしてるのかな」と思われるくらいだと思います。

統合ワーク0.5秒でできるバージョン

次に、0.5秒くらいでできるワークです。

これは、「気づく」です。

つまり、
「自分が眠ってると気づいたら、上がる」、
「不要なバイブレーションを持っていると気づいたら、上がる」

ということです。

気づいた瞬間、波動が上がる

ことになります。

ただ、これができるかどうかは、けっこう大きなポイントがあります。
それは何かと言うと、「これで上がれる」と自分に許可を出せるかどうか、です。

並木さんがよく「簡単さを受け入れて」と言っていて、
もちろんそうしたいのはヤマヤマなんですけれど、
じゃあ、今すぐできるか?と言われると、タイミングがあると思うんです。

自分を振り返ってみて、数年前の自分だと難しいかもと思います。

だから、この「気づくだけ」という話を聞いて、
「それ、いいかも」「そうしたい」とか直感的に良さそうと思った人は、おそらく本当の自分、ハイヤーセルフがゴーサインを出しています。

そうではなくて、直感的に「こんな簡単なのじゃムリでしょ」「効果ないでしょ」とか出てきたら、今は参考にするものじゃないかもしれません。

ただ、「あ、良さそう」のあとに、「え、でもな…」と出てくる場合は、「良さそう」がハイヤーセルフの声かもしれません。「でもな」は思考、エゴの声ですね。

迷う場合は、
リラックスして、思考を落ち着かせてから、ハートに意識を向けながら問いかけて、あなたに一番優しい声に従って
「こうした短縮バージョンを参考にするかどうか」を判断されるといいと思います。

並木良和さん統合ワーク短縮アレンジ3パターンまとめ

目覚めの過程を進んでいると、
現実を目覚めのチャンスとしてしか使わなくなってきます。
すると、僕の場合は、毎瞬が、手放しすることしかないことがわかってきます。
手放さなくていいものって、ほとんどないです。

現実の全てを目覚めのチャンスにしていこうとされている方が、今は多いと思いますので、
少しでも参考になれば嬉しいです。

以上、僕個人の工夫でしたが、みなさんも工夫されていることがあると思います。
コメント欄などでシェアいただけると嬉しいです^^

『質問の本質』の授業オンライン講座

『質問の本質』の授業オンライン講座(詳細は、『質問の本質』を楽しみながら、体感して、学べる、オンライン講座です。
(この度オンライン講座は「未来の自分とも繋がる”タイムフレーミング”」を追加してアップデートしました!今後は目醒めや悟りをテーマにしたコンテンツも追加していていきます。)

質問はその『本質』として、

・意識を望む方向・場所に置く装置であり、
・脳にとって「逆らえない絶対的な命令」で、
・意識を絶対的に動かすもの

といったこと、理論的に、ワークを通じて体感でき、落とし込みができるうようにプログラムしています。

・意識をおきたい方向・場所から、逆算して「意図的な質問」を作る
方法(質問のレシピ①、これは未来の自分・本質の自分にコネクトする上でも基礎となるものです。)
・「意図的な質問」を作って、定着させるイメージ法
・はまり込んで抜け難い(ネガティヴな)思考・意識から抜け出す「質問」の作り方・使い方(質問のレシピ②、3次元世界・人間意識を抜けるための基礎となります。)

といった理論・実習を通じて学んでいただきます。

受講中は、

・メールサポート(メールで解決しない場合はSkype or ズーム or LINEもOK)

を提供していますので、安心して受講できると思います^^

講座内容
1.質問とは何か?「本質」を体感する
2.質問の本質と、脳の特性
3.「適切な質問」のレシピ~質問の力を、毎日、毎瞬に生かす~
4.質問が人生を変えるメカニズム
5.メール/スカイプ/LINEでの個別サポート
6.Q&A・補講
<追加動画>
・目醒めの意識に立つための質問の使い方
・目醒めを意識しながらも眠ってしまう…日常の眠りの質問に気づく大切さ
<補講>
・デフレーミング(最小の覚醒、意識の反転を起こす質問の技術)
・タイムフレーミング(人間的時間という眠りから抜ける)
・答えの受け取り方・コツ(無意識、深層心理の反応を拾うコツで、感性を養う、セルフリーディングのベース)
・4つの時間感覚(眠り・覚醒中・覚醒後の感覚)
・内から外へ、意識をひっくり返す。癒しや変化の土台
・目醒めを促す、本質へ還る質問

学習の流れ
・購入後に送信されるメールから「専用ウェブサイト」にアクセスして、
・PDFワークブック、動画をウェブ上で視聴しながら学習スタート

現在は、お家で学ぼう!特別価格にしています。
<お家で学ぼう!特典>
・21,000円→10,500円(50%OFF)
・10,000円分個人セッションプレゼント
・通常1ヶ月→3ヶ月間メールサポート(メールで解決しない場合はSkype or ズーム or LINEもOK)

講座申し込みは、
マインドクエストSTORES.jpの紹介ページからできます。
↓↓↓
https://mindquest.stores.jp/items/5d7c28fbe56281295731c5cb

※STROES.jpのシステムを利用したくない方は、「問い合わせフォーム」からの申し込みも可能です。
「お問い合わせフォーム」は、『質問の本質』の授業オンライン講座紹介ページにあります^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご意見・質問・感想はどんなことでもお気軽に( •̀ᴗ•́ )و(日本語が含まれない文章[英文のみ等] は投稿できません。)