スピリチュアル

並木良和さん統合ワークの精度・実感を高める内的対話の工夫をシェアします

今回は、並木良和さん統合ワークの精度・実感を高めるための、内的対話の工夫をシェアします。

(音声でもシェアしています)

並木さんのワークショップなどに参加したことがある方は、
録音した音声を聴きながら統合ワークなどすることがあると思います。

たとえば、
「それ、どんな形にしますか?」とか
「重さは何トンくらいにしますか?」とか、

という並木さんの問いかけに、
音声の進行に間に合わなくなくなるから、
すぐに答えて、そのままワークを進めたりしてたんですが、

それで、形にしたつもりになったり、重さを感じたつもりにしてしまうと、僕の場合、実感、体感が薄くなってしまう。

だから、一旦、音声を止めて、自分でもちゃんと
「どんな形だろう?」とか「どんな重さかな」と自分に問いかける、
内的対話をするようにしてます。

音声で並木さんに聞かれてすぐに答えておわりじゃなくて、こうする方が深まります。

だから、ちゃんと自分に問いかけて、
「どんな形だろう?」と問いかけたら、形が出てくるのをちゃんと待ちます。

だから、並木さんが音声で「重さは何トンくらいにしますか?」と聞いてくれるけれど、重さについても、自分でも「どんな重さだろう?」とすべて問いかけるようにしています。

録音には、会場の人の「地球3個分!」とか答えてる声も入っているから、最初は僕もそんなすごい重さにしなきゃと思って
無理して地球5個分!とか答えてたんですが…

今の僕には地球何個分とかうまく想像できなくて、思考が無駄に回ってしまいます。

だから、500トンとか5万トンとか想像できる、体感が湧く重さにしている。
500トンならゾウが100頭くらいと想像して、
ゾウさん100頭が、山盛りになってる様子を見ると体感が湧くんです。

あくまでぼくの場合ですけれど、これだと、「地球3個分って何?」とか「そんな重さ、わからん」って思考が言ってくる、つまり、エゴくんの声に邪魔されずにすみます。

質問するのって、思考が回る感じもするかもしれないけれど、
本来の自分と繋がることにも、質問は使えるものです。

だから、頭で思考するための質問じゃなくって、ハートに意識を向けて、質問する、これは、ハートを介して、質問という橋を通して、ハイヤーセルフとコミュニケーションすることになります。

 

並木さんが頭じゃなくて、ハートで考えることの大切さを教えてくれていますが、確かにそうだよなと思います。

ハートで考えるのって、従来の脳での思考とは違います。
何にしても、すごく楽です。

そのためにも、僕はハートに意識を100置きながら、質問する、つまり本当の自分と繋がる、ということを、頭があれこれ言ってくるときほど、やるようにしています。

ただ、統合ワークでバイブレーションを捉える位置はハートとか胸とは限りません。
みぞおちあたり、ということもあります。
そんなときは、ハイヤーセルフがこれを外すんだよと、示してくれる場所なので、
バイブレーションがある場所に意識を向けて、「これ、形にするならどんな形だろいう?「重さは、どんな重さだろう?」と問いかけるようにしています。

そうすると、「ああ、こんな形だ」とか「こんな形だったのか」と実感できたり、「あ、こんなに重いのか」と体感しやすくなります。
「ああ、これだ」という感じです。

ということで、並木さんの音声を聞きながらワークするときには、並木さんの質問を聞きつつ、自分でも自分に問いかけをするようにしたら、
ワークの精度、体感を高められるようになったというシェアでした。

そして、これは、本当の自分、ハイヤーセルフを意識しながら、聞くようにしている。
ハイヤーセルフとの繋がりを太くしていく、本当の自分として現象界を生きる度合いを増していく、意味もあります。
「本当の自分、ハイヤーセルフを意識する」がわかりにくいときは、ハートを意識するようにしていました。

並木さんの統合ワークなど始めたばかりの方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

『質問の本質』の授業オンライン講座

『質問の本質』の授業オンライン講座(詳細は、『質問の本質』を楽しみながら、体感して、学べる、オンライン講座です。
(この度オンライン講座は「未来の自分とも繋がる”タイムフレーミング”」を追加してアップデートしました!今後は目醒めや悟りをテーマにしたコンテンツも追加していていきます。)

質問はその『本質』として、

・意識を望む方向・場所に置く装置であり、
・脳にとって「逆らえない絶対的な命令」で、
・意識を絶対的に動かすもの

といったこと、理論的に、ワークを通じて体感でき、落とし込みができるうようにプログラムしています。

・意識をおきたい方向・場所から、逆算して「意図的な質問」を作る
方法(質問のレシピ①、これは未来の自分・本質の自分にコネクトする上でも基礎となるものです。)
・「意図的な質問」を作って、定着させるイメージ法
・はまり込んで抜け難い(ネガティヴな)思考・意識から抜け出す「質問」の作り方・使い方(質問のレシピ②、3次元世界・人間意識を抜けるための基礎となります。)

といった理論・実習を通じて学んでいただきます。

受講中は、

・メールサポート(メールで解決しない場合はSkype or ズーム or LINEもOK)

を提供していますので、安心して受講できると思います^^

講座内容
1.質問とは何か?「本質」を体感する
2.質問の本質と、脳の特性
3.「適切な質問」のレシピ~質問の力を、毎日、毎瞬に生かす~
4.質問が人生を変えるメカニズム
5.メール/スカイプ/LINEでの個別サポート
6.Q&A・補講
<追加動画>
・目醒めの意識に立つための質問の使い方
・目醒めを意識しながらも眠ってしまう…日常の眠りの質問に気づく大切さ
<補講>
・デフレーミング(最小の覚醒、意識の反転を起こす質問の技術)
・タイムフレーミング(人間的時間という眠りから抜ける)
・答えの受け取り方・コツ(無意識、深層心理の反応を拾うコツで、感性を養う、セルフリーディングのベース)
・4つの時間感覚(眠り・覚醒中・覚醒後の感覚)
・内から外へ、意識をひっくり返す。癒しや変化の土台
・目醒めを促す、本質へ還る質問

学習の流れ
・購入後に送信されるメールから「専用ウェブサイト」にアクセスして、
・PDFワークブック、動画をウェブ上で視聴しながら学習スタート

現在は、お家で学ぼう!特別価格にしています。
<お家で学ぼう!特典>
・21,000円→10,500円(50%OFF)
・10,000円分個人セッションプレゼント
・通常1ヶ月→3ヶ月間メールサポート(メールで解決しない場合はSkype or ズーム or LINEもOK)

講座申し込みは、
マインドクエストSTORES.jpの紹介ページからできます。
↓↓↓
https://mindquest.stores.jp/items/5d7c28fbe56281295731c5cb

※STROES.jpのシステムを利用したくない方は、「問い合わせフォーム」からの申し込みも可能です。
「お問い合わせフォーム」は、『質問の本質』の授業オンライン講座紹介ページにあります^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご意見・質問・感想はどんなことでもお気軽に( •̀ᴗ•́ )و(日本語が含まれない文章[英文のみ等] は投稿できません。)